新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バランスをとって直立するSTEAM教材ロボット「T-BOTS」

バランスをとって直立するSTEAM教材ロボット「T-BOTS」がKickstarterに登場した。

T-BOTSは、楽しみながらロボティクスを学ぶためのSTEAM教材。ワンチップ化された加速度計とジャイロスコープで傾きを正確に計測し、その情報をモーターの動きに反映させてバランスを保つ。すなわち、T-BOTSは前に傾けば前進し、後ろに傾けば後退して直立姿勢を保つ。

T-BOTS

T-BOTSの目に当たる部分には超音波測距モジュールを搭載しており、T-BOTSが周囲の状況や他のT-BOTSに反応するアルゴリズムをユーザーが書けるようになっている。

T-BOTS

T-BOTSは、Bluetoothも搭載しており、スマートフォンやPCからコントロールできる。ただし、日本国内で使用するには、技適(技術基準適合証明・認定)を受け技適マークが付されていなければならないので、注意が必要だ。

T-BOTSのプログラムは、IEEE Spectrumで就職に最も有利と評価されたプログラミング言語C/C++で書かれている。T-BOTSのプログラムは無料でダウンロード可能で、変更したりあるいは完全に書き直したりしてもよい。

開発元はArduino開発環境を推奨しており、ビジュアルプログラミングツールS4A(Scratch for Arduino)を使ったプログラミングも可能だ。プログラム次第で、T-BOTS同士で相手を転倒させる対戦ゲームなども行える。

T-BOTS

T-BOTSの早期割引価格は、45ポンド(約6700円)。出荷は2018年4月の予定で、日本への送料は20ポンド(約3000円)だ。T-BOTSは10万ポンド(約1500万円)を目標に、2017年11月23日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る