新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドからワンタッチで造形できる——FFF方式3Dプリンター「Voladd」

FFF方式3Dプリンター「Voladd」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo
photo

Voladdは、シンプルでクリーンなデザインを採用したFFF方式3Dプリンターだ。フィラメントは専用のカートリッジタイプで、本体の背面にセットするだけでよく、3Dプリントに関する設定も自動化されているため、初心者でも簡単に扱える。

photo

クラウドベースの専用プラットフォームを用意しており、スマートフォンから「キッチン」、「オフィス」、「おもちゃ」、「スポーツ」など25のカテゴリー分けされた多数のアイテムから選び、ワンタッチで3Dプリントできる。

photo

オリジナルの3Dモデルにも対応しており、G-codeをクラウドプラットフォームに送るだけでプリントや共有が可能だ。加えてクラウドベースのスライサーも用意しているので、STLファイルからの出力にも対応する。ユーザー間でカスタマイズした3Dモデルをシェアしたり、Voladd本体をシェアすることもできる。

photo

Voladdは、ヘッドが一体となったカートリッジタイプの専用フィラメントを採用しており、ヘッドはカートリッジと同時交換になる。ヘッドのノズル径は0.4mmの「Medium」と0.6mmの「Bold」があり、ノズル径を変えるためにフィラメントごと交換する必要がある。0.2mmの「Fine」も準備中だという。セットしたカートリッジからNFC経由で情報を読み込み、選択したモデルと合わせて各種パラメーターを自動設定する仕組みだ。

photo

通信はWi-Fiとイーサネットに対応するが、クラウドプラットフォームへのアクセスが前提なので、インターネット接続が必要だ。本体サイズは290×400×290mmで、最大プリント体積は3281立方センチメートルだ。モデルの最大高さは15cmとしているので、造形サイズは開示されていないが、おそらく150×150×150mm前後だと思われる。

photo

専用カートリッジには420gの生物分解性PLAフィラメントが入っており、使用済みカートリッジ5個を送付すると、新品1個と交換するという。カラーはホワイト/シルバー/オレンジ/グリーン/レッド/ブルー/ブラックの7色を予定し、2018年に種類を増やすとしている。

photo

Voladdの予定小売価格は799ユーロ(約10万7000円)で、今なら数量限定の早割価格499ユーロ(約6万6600円)で入手できる。本体に、420gのPLAカートリッジ(Boldタイプ)が付属する。2017年12月の出荷を予定しており、日本への送料は70ユーロ(約9350円)だ。

Voladdは、11月27日までクラウドファンディングを実施中。10月19日時点で、既に目標額2万5000ユーロ(約334万円)を上回る約2万9000ユーロ(約387万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 透明素材×3Dプリンターで爽やかアクセサリーづくり!
  2. アイデミー、AIプログラミングの教科書「Pythonで動かして学ぶ!あたらしい深層学習の教科書 機械学習の基本から深層学習まで」発刊
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. 装置全体を覆ってベルトレス、数回のクリックで造形できる3Dプリンター「Leaf-a」
  5. XYZプリンティング、小型FFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Jr. WiFi Pro」発売
  6. 新素材により軽量化と高速化を実現——デルタ型FFF方式3Dプリンターキット「ZATSIT」
  7. 試作開発をオンラインで集まりながら1カ月半で実現——MIDI/CVコントローラー&エフェクター「midiglue」
  8. マイクロチップ・テクノロジー、Google Cloud向けAVR MCU開発ボード「AC164160」を発表
  9. そびえたつ高層ビル群と中国語の屋上看板が生み出す異国の風景——紙とペンだけで圧倒的なスケールを描き出すアーティスト
  10. サーマルサイクラー(DNA増幅器)組み立てキット「NinjaPCR」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る