新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クラウドからワンタッチで造形できる——FFF方式3Dプリンター「Voladd」

FFF方式3Dプリンター「Voladd」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo
photo

Voladdは、シンプルでクリーンなデザインを採用したFFF方式3Dプリンターだ。フィラメントは専用のカートリッジタイプで、本体の背面にセットするだけでよく、3Dプリントに関する設定も自動化されているため、初心者でも簡単に扱える。

photo

クラウドベースの専用プラットフォームを用意しており、スマートフォンから「キッチン」、「オフィス」、「おもちゃ」、「スポーツ」など25のカテゴリー分けされた多数のアイテムから選び、ワンタッチで3Dプリントできる。

photo

オリジナルの3Dモデルにも対応しており、G-codeをクラウドプラットフォームに送るだけでプリントや共有が可能だ。加えてクラウドベースのスライサーも用意しているので、STLファイルからの出力にも対応する。ユーザー間でカスタマイズした3Dモデルをシェアしたり、Voladd本体をシェアすることもできる。

photo

Voladdは、ヘッドが一体となったカートリッジタイプの専用フィラメントを採用しており、ヘッドはカートリッジと同時交換になる。ヘッドのノズル径は0.4mmの「Medium」と0.6mmの「Bold」があり、ノズル径を変えるためにフィラメントごと交換する必要がある。0.2mmの「Fine」も準備中だという。セットしたカートリッジからNFC経由で情報を読み込み、選択したモデルと合わせて各種パラメーターを自動設定する仕組みだ。

photo

通信はWi-Fiとイーサネットに対応するが、クラウドプラットフォームへのアクセスが前提なので、インターネット接続が必要だ。本体サイズは290×400×290mmで、最大プリント体積は3281立方センチメートルだ。モデルの最大高さは15cmとしているので、造形サイズは開示されていないが、おそらく150×150×150mm前後だと思われる。

photo

専用カートリッジには420gの生物分解性PLAフィラメントが入っており、使用済みカートリッジ5個を送付すると、新品1個と交換するという。カラーはホワイト/シルバー/オレンジ/グリーン/レッド/ブルー/ブラックの7色を予定し、2018年に種類を増やすとしている。

photo

Voladdの予定小売価格は799ユーロ(約10万7000円)で、今なら数量限定の早割価格499ユーロ(約6万6600円)で入手できる。本体に、420gのPLAカートリッジ(Boldタイプ)が付属する。2017年12月の出荷を予定しており、日本への送料は70ユーロ(約9350円)だ。

Voladdは、11月27日までクラウドファンディングを実施中。10月19日時点で、既に目標額2万5000ユーロ(約334万円)を上回る約2万9000ユーロ(約387万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る