新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應義塾大学、プラスチックシートに空気を入れて強固なプロトタイプを作れる新技術「BlowFab」を開発

ERATO 川原万有情報網プロジェクトのチームは、国際会議「UIST2017」において、空気を注入して強固なプロトタイプを作れる新技術「BlowFab」を発表した。同研究成果は、上位13件が採択される「honorable mention」を受賞している。

photo

BlowFabは、ラピッドプロトタイピングのための新技術で、ブロー成形とレーザーカッターを組み合わせることで、成形型を使うことなく、様々な形状の2.5Dとも呼べる固いオブジェクトを作成できる。

BlowFabは、科学技術振興機構(JST)が推進する戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO)の1つ、ERATO 川原万有情報網プロジェクトに属する研究グループの成果だ。山岡潤一氏(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任助教)と筧康明氏(慶應義塾大学環境情報学部 准教授)らを中心とした研究チームが開発した。同研究チームは、同じくラピッドプロトタイピングに活用できるインタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発している。

photo

BlowFabのプロセスは、まずPETシート、マスキングテープ、耐熱フィルムからなるプラスチックシートのマスキングテープ層のみをレーザーカッターで彫刻加工することで、温めた際にマスキングテープを除いた箇所のみが熱接着される。接着された箇所以外は、空洞状態になる。軟化した状態でシートに空気を注入すればシンプルな形状の造形が可能だが、表面に凹凸をつけるといったより複雑な形状にするためには、耐熱フィルムを彫刻加工する必要がある。

photo

加工した板をホットプレートで温めて軟化させ、マスキングテープを剥がした箇所が接着され、空洞部にシート内に空気を注入することでシートが膨らみ、その後固まる。また切り込みのパターンやポリカーボネート樹脂を組み合わせることで、膨らませた際に自動的に曲る機構も設計されている。

photo

固まったプロトタイプは不要になったときは、再加熱することでシート状に戻せるので、再利用が可能で無駄がない。固まった後は人の体重を支えられる耐久性があるため、フラットな板状のシートを膨らませるだけで椅子になり、使わないときは平らにするといった使い方もできる。

photo

研究チームは、今後より複雑な形状や大きな構造物を造形できるよう、改良をしていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る