新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで電子部品を制御しよう——初心者でもわかりやすいインターフェースボード「raspiPRENDE」

Raspberry Pi用インターフェースボード「raspiPRENDE」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

raspiPRENDEは、初心者でも手軽に電子部品の使い方を学べるRaspberry Pi用アドオンボードだ。スイッチ、LED、アナログ、PWMなど入出力の使い方を簡単に習得することを狙いとしている。

photo

特にセンサー類とのインターフェースは色分けされたGVS3ピンで構成され、信号名やポート名が基板上にプリントされているので、ジャンパー線を接続するときにもわかりやすい。

photo ポテンショメーターによるアナログ信号の取り方が手軽に理解できる

取り出せる入出力のうち、デジタルアウトプットにLED×2、デジタルインプットにスイッチ×2、アナログポートに10ビットのポテンショメーター、PWMポートにRGBフルカラーLEDがそれぞれ接続されているため、各ポートの使い方を簡単に試すことができる。テストコードを走らせて使い方を学び、他のピンにすぐに拡張できるので、学習用途にも適しているだろう。

photo 配線不要でLEDをRGBで光らせることができる

作動電源はmicro USBポート経由または外部電源用コネクタ(8~11V max2A)から供給し、電源回路には直列に電源スイッチが入っているので完全に電源を遮断することができる。

photo ハードSWが電源回路に直列に入っている

通信インターフェースはUART、SPI、I2Cに対応し、Arduinoのシールドも接続できるので、試作したシールドなどをRaspberry Piにダイレクト接続してダメージを与えてしまうリスクを避けられるというメリットもある。

photo オプションの3ピンで接続できるセンサー類、OLEDディスプレイ、バッテリーなど

キャンペーンでは、6キーのアナログキーボード、OLEDディスプレイ、ブザー、LDR(フォトレジスター)、温度センサーがセットになった「LADRILLOS」や、ロボット制作にも利用できる充電バッテリーやモーターがセットになったキャンペーンも用意している。

raspiPRENDEの予定小売価格は55ユーロ(約7270円)で、今なら数量限定の早割価格50ユーロ(約6610円)で、LADRILLOSは60ユーロ(約7930円)で提供している。取り付け用のネジやスペーサーが付属する。2018年1月の出荷を予定しており、日本への送料は無料だ。

raspiPRENDEはKickstarterにて目標額4000ユーロ(約52万9000円)でクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る