新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fθレンズで高精度な造形を実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「Weaver」

光学系にfθ(エフ・シータ)レンズを採用したSLA(光造形)方式3Dプリンター「Weaver」がKickstarterに登場した。

photo

Weaverは、405nmの紫外線レーザーを光源とし、分解能はXY平面で50um、Z軸で25um、デスクトップサイズながら最大造形サイズは150×150×190mmを実現している。

photo

Weaverの最大の特徴は、fθレンズを搭載したモデルを用意していることだ。ガルバノスキャナーのように焦点距離の長いヘッドを使う場合、通常のレンズで集光するとレーザーの焦点は印刷エリアの中央と周辺部で変わってしまい、ビームのスポットは楕円型になる。そのため、分解能が低くなったり、エネルギーが拡散して造形に失敗するという問題がある。

Weaverは、産業グレードのSLAプリンターで採用されているfθレンズを搭載するモデルを用意する。fθレンズは2枚のレンズの曲率を変えることで同一平面上に焦点がおけるため、造形エリアの端でもビーム径は50umで均一に保たれ、高精度な造形が可能になる。開発元によるとfθレンズ搭載モデルでの造形は、表面の滑らかさも優れているという。

photo

WeaverはKickstarterで、12月21日までクラウドファンディングを実施中。11月8日時点で、目標額5万ドル(約568万円)に対して約3万8000ドル(約432万円)を集めている。

photo

Weaverは、Kickstarter上では、早期キャンペーン価格としてfθレンズ付きモデルを1499ドル(約17万円)で提供する。出荷は2018年2月から。日本への発送も対応するが、送料は別途確認する必要がある。

photo
photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  2. PS4コントローラーでRCサーボを動かそう——サーボ制御基板「ServoShock 2」
  3. TechShare 、ASUSのシングルボードコンピューター「Tinker Board S」の国内販売開始
  4. GPIOピンヘッダー実装済みのPi Zero——「Raspberry Pi Zero WH」が登場
  5. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. XYZプリンティング、シリーズ最大のFFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Super」の予約販売開始
  8. 大型LCDで高速造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Kendle K2」
  9. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「ASUS Tinker Board」に正式対応
  10. 粘土素材で3Dプリンティング——セラミックプリンティングキット「StoneFlower」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る