新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fθレンズで高精度な造形を実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「Weaver」

光学系にfθ(エフ・シータ)レンズを採用したSLA(光造形)方式3Dプリンター「Weaver」がKickstarterに登場した。

photo

Weaverは、405nmの紫外線レーザーを光源とし、分解能はXY平面で50um、Z軸で25um、デスクトップサイズながら最大造形サイズは150×150×190mmを実現している。

photo

Weaverの最大の特徴は、fθレンズを搭載したモデルを用意していることだ。ガルバノスキャナーのように焦点距離の長いヘッドを使う場合、通常のレンズで集光するとレーザーの焦点は印刷エリアの中央と周辺部で変わってしまい、ビームのスポットは楕円型になる。そのため、分解能が低くなったり、エネルギーが拡散して造形に失敗するという問題がある。

Weaverは、産業グレードのSLAプリンターで採用されているfθレンズを搭載するモデルを用意する。fθレンズは2枚のレンズの曲率を変えることで同一平面上に焦点がおけるため、造形エリアの端でもビーム径は50umで均一に保たれ、高精度な造形が可能になる。開発元によるとfθレンズ搭載モデルでの造形は、表面の滑らかさも優れているという。

photo

WeaverはKickstarterで、12月21日までクラウドファンディングを実施中。11月8日時点で、目標額5万ドル(約568万円)に対して約3万8000ドル(約432万円)を集めている。

photo

Weaverは、Kickstarter上では、早期キャンペーン価格としてfθレンズ付きモデルを1499ドル(約17万円)で提供する。出荷は2018年2月から。日本への発送も対応するが、送料は別途確認する必要がある。

photo
photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る