新しいものづくりがわかるメディア

RSS


毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」

ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

WONDERCUTTERは、DIY向けの超音波カッターだ。ブレードを毎秒約4万回振動させることで、発熱を抑えながら容易に材料をカットできる。プラスチック、アクリル、レザー、ABS、段ボール、生地、MDF、ラバーなど、ガラスや金属以外のプラスチックやウッド、ファイバー系素材に対応する。

photo

力を入れなくてもまるでチーズを切るかのようにプラスチックを切断できるので、複雑な形状のカットもできる。振幅コントロール機能や、加圧や過電圧/電流に対する安全システムを備える。充電式リチウムイオン電池を内蔵し、しかも軽量なので作業場所を選ばず、デスクトップや本体のベルトクリップをウエストにかけて作業できる。

photo

本体部にバッテリー残量表示とパワーボタン、ハンドルにはワーキングボタンを配置したシンプルな構成で、約3時間の充電で、ソフト素材の連続カットで2時間30分、ハード素材の連続カットで1時間30分ほど使用できる。

photo

本体のサイズは174×101×62mmで重さは650g、ハンドルのサイズは径28×120mm(ブレード込みで137mm)で重さは75g。ケーブルの長さは520mmで、消費電力は35Wだ。

photo

WONDERCUTTERの予定小売価格は390ドル(約4万4400円)で、今なら数量限定の早割価格248ドル(約2万8200円)で入手できる。本体の他、ユーザーガイド、ブレード×20、安全グローブ、充電ケーブルが付属する。出荷は2018年5月を予定しており、日本への送料は23ドル(約2620円)だ。

photo

WONDERCUTTERは、Kickstarterで12月22日までクラウドファンディングを実施中。11月9日時点で、5万ドル(約569万円)の目標額に対して約3万2000ドル(約364万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る