新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ハピネットは、磁界共鳴方式による非接触給電によりLEDを点灯させるワイヤレス給電システム「X-BASE(クロスベース)」シリーズを12月2日に発売する。

photo

X-BASEは、コイルを内蔵した黒色のワイヤレスパワーステーションから磁場を発生させ、ベースからおよそ30cmの距離までにある専用LEDに電力を送り、ワイヤレスで点灯することができるディスプレイ用照明システムだ。

photo パワーステーション
photo ワイヤレスLED

伝送電力は15Wで、専用開発されたコイル付LED(φ4.5×4.5mm)を最大500個ほど光らせることができ、模型やフィギュアを効果的にライトアップできる。

photo (c)KOTOBUKIYA

X-BASEは2017年9~10月、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで支援を募り、開始後2日で目標額100万円を達成するなど多くの注目を集めたプロジェクトだ。最終的に566人の支援者からおよそ800万円の支援を集めることに成功し、今回製品化を実現した。

photo

ハピネットから一般発売される製品は、X-BASE(クロスベース)パワーステーションが希望小売価格2万1384円、同ワイヤレスLEDが全7色で各3780円(いずれも税込)、発売日は12月2日となっている。同社オンラインショップにて、予約販売を受付中だ。

photo Copyright(c) AOSHIMA BUNKA KYOZAI Co,.Ltd. All rights reserved.

また、X-BASEは海外に向けてもKickstarterでプロジェクトを開始している。プロジェクト期間は12月3日までで、目標額は100万円。11月15日時点で約33万円を集めている。

photo (c)KOTOBUKIYA

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る