新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売

ハピネットは、磁界共鳴方式による非接触給電によりLEDを点灯させるワイヤレス給電システム「X-BASE(クロスベース)」シリーズを12月2日に発売する。

photo

X-BASEは、コイルを内蔵した黒色のワイヤレスパワーステーションから磁場を発生させ、ベースからおよそ30cmの距離までにある専用LEDに電力を送り、ワイヤレスで点灯することができるディスプレイ用照明システムだ。

photo パワーステーション
photo ワイヤレスLED

伝送電力は15Wで、専用開発されたコイル付LED(φ4.5×4.5mm)を最大500個ほど光らせることができ、模型やフィギュアを効果的にライトアップできる。

photo (c)KOTOBUKIYA

X-BASEは2017年9~10月、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで支援を募り、開始後2日で目標額100万円を達成するなど多くの注目を集めたプロジェクトだ。最終的に566人の支援者からおよそ800万円の支援を集めることに成功し、今回製品化を実現した。

photo

ハピネットから一般発売される製品は、X-BASE(クロスベース)パワーステーションが希望小売価格2万1384円、同ワイヤレスLEDが全7色で各3780円(いずれも税込)、発売日は12月2日となっている。同社オンラインショップにて、予約販売を受付中だ。

photo Copyright(c) AOSHIMA BUNKA KYOZAI Co,.Ltd. All rights reserved.

また、X-BASEは海外に向けてもKickstarterでプロジェクトを開始している。プロジェクト期間は12月3日までで、目標額は100万円。11月15日時点で約33万円を集めている。

photo (c)KOTOBUKIYA

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る