新しいものづくりがわかるメディア

RSS


配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」

模型用ワイヤレスLED「X-BASE(クロスベース)」がクラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGに登場、注目を集めている。

photo

X-BASEは、模型などをディスプレイする際に配線不要でLED照明を点灯させられるシステムだ。

photo

ディスプレイの台座となるパワーステーションの寸法は300×330×320mm。メインボードとサブボードをL字型に組み立て、磁界共鳴方式による非接触給電により台座上に配置されたLEDに電力を供給する。

photo

電源にはACアダプターを使用し、入力100V~240V(50/60Hz 0.6A)、出力12V 2.0Aで、最大伝送電力は15Wだ。製造元によると、数十~数百個のLEDを同時に点灯できるとしている。

photo

LEDユニットの寸法は約4.5(直径)×4.5(高さ)mmと小さく、市販の接着剤などで簡単に取り付けられる。内部に必要な回路が組み込まれているため、はんだ付けや抵抗値の計算といった電子工作は不要だ。また防水仕様のため、水中でも使用可能だ。

photo

LEDのカラーはホワイト/レッド/ブルー/グリーン/アンバー/ピンク/パープルの7色を用意する。

photo

一般販売予定価格はパワーステーションとLED(ホワイト、10個入り)がセットで2万5164円。LED4色セットでは1万5120円となる。パワーステーションにはACアダプターと固定用ネジ4本が付属する。GREEN FUNDINGでは、パワーステーション/LEDセットが1万5602円、LED4色セットが9374円で購入できるプランなどを用意する(価格は全て税込)。

photo

X-BASEはGREEN FUNDINGにて、10月31日までクラウドファンディング中だ。目標額100万円はクラウドファンディング開始から2日で達成し、10月10日時点で目標の4倍近い390万円以上を集めている。製品発送は11月下旬の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る