新しいものづくりがわかるメディア

RSS


家庭の卓上で射出成形加工ができる——デスクトップ型手動射出成形機「INARI」

オリジナルマインドが、家庭の卓上で射出成形加工ができるデスクトップ型手動射出成形機「INARI」を発売した。

INARIは、小型ながら量産力を備えた手動射出成形機だ。あらかじめフライス盤や3Dプリンターで、アルミやアクリル素材などの型を作成し、その型をINARIに装着。プラスチック素材のペレットを本体内部で熱しながらハンドルを使って型に押し込み、型に沿った形状に成形する。

使い勝手やメンテナンス性を向上させるため、溶けたペレットに直接、押し出し棒(プレスシャフト)を接触させない構造を採用。空気中の酸素の影響によるペレットの変色を防止し、溶けたペレットがプレスシャフトに絡みつかないようにした。また、材料のペレットを収めるシリンダーと型の接触面を大きくすることで、射出時に型にかかる力を軽減した。

最大押出量は6~10cc(材料や加熱温度により異なる)、加熱温度上限は270℃、加圧能力は10~17倍(理論値)、取付可能な型のサイズは厚さ70mm以下(縦横サイズ制限なし)となっている。本体重量が6kg、電源はAC100V50/60Hz、消費電力は200W。価格は19万8000円(税込)だ。

現時点で成形実績のある素材は、PS、PP、ABS、POM、PA6、PE、TPEの7種類。INARI専用ペレットとして、PP/CF(炭素繊維30%)が1180円/200g、PP(黒)が580円/250g、TPE(半透明 A44)が680円/250g(いずれも税込)などが同社Webサイトで販売されている。

その他のオプション品として、金属型を温めるための予熱器や、型やシリンダーを素早く冷やすための冷却器、型を固定する際に便利な位置合わせガイドなどを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る