新しいものづくりがわかるメディア

RSS


先端技術を活用したサービス/プロダクトの事業化をサポート——「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」募集開始

TAG

IoT アクセラレータ

DMM.make AKIBA は、IoTなどの先端技術を活用したサービスやプロダクトのプロトタイピング、ビジネス化をサポートするアクセラレータープログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」の募集を開始した。

今回で3回目となる同プログラムは、さまざまな技術やビジネスに精通した企業や団体がサポーターとなり、技術面やビジネス面でスタートアップを3カ月にわたり支援するものだ。

過去2回のプログラムでは、IoTやVR、フィンテックなどの分野でビジネス化を目指す17チームを採択。プロタイプの技術支援やビジネスフィジビリティなどを行った。

今回から採択チームのプロトタイピングや事業化、チームビルディングについてのメンタリングを行うメンターが参加する。採択チームは、プロトタイピングに関することだけではなく、採択期間後の活動を視野に入れたさまざまな事柄をメンターに相談できる。メンターにはABBALabプロデューサー 亀井聡彦氏、公認会計士 姥貝賢次氏、プロメテウス代表取締役 市村慶信氏、DMM.makeのエバンジェリストらがアサインされている。

同プログラムのサポート対象は「起業やビジネス化を視野に入れた、IoT、VR/AR、ドローン、ロボティクス、フィンテックなどの先端技術を活用したサービス・プロダクトを開発する団体および個人」。応募は同プログラム公式サイトにて2018年1月18日まで受け付ける。2018年1月30日の書類選考後、支援開始は2018年3月からを予定している。

photo

なお、採択チームはサポーターからの支援のほか、DMM.make AKIBAの利用費用の一部免除の特典も受けられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る