新しいものづくりがわかるメディア

RSS


先端技術を活用したサービス/プロダクトの事業化をサポート——「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」募集開始

TAG

IoT アクセラレータ

DMM.make AKIBA は、IoTなどの先端技術を活用したサービスやプロダクトのプロトタイピング、ビジネス化をサポートするアクセラレータープログラム「DMM.make AKIBA Open Challenge 3」の募集を開始した。

今回で3回目となる同プログラムは、さまざまな技術やビジネスに精通した企業や団体がサポーターとなり、技術面やビジネス面でスタートアップを3カ月にわたり支援するものだ。

過去2回のプログラムでは、IoTやVR、フィンテックなどの分野でビジネス化を目指す17チームを採択。プロタイプの技術支援やビジネスフィジビリティなどを行った。

今回から採択チームのプロトタイピングや事業化、チームビルディングについてのメンタリングを行うメンターが参加する。採択チームは、プロトタイピングに関することだけではなく、採択期間後の活動を視野に入れたさまざまな事柄をメンターに相談できる。メンターにはABBALabプロデューサー 亀井聡彦氏、公認会計士 姥貝賢次氏、プロメテウス代表取締役 市村慶信氏、DMM.makeのエバンジェリストらがアサインされている。

同プログラムのサポート対象は「起業やビジネス化を視野に入れた、IoT、VR/AR、ドローン、ロボティクス、フィンテックなどの先端技術を活用したサービス・プロダクトを開発する団体および個人」。応募は同プログラム公式サイトにて2018年1月18日まで受け付ける。2018年1月30日の書類選考後、支援開始は2018年3月からを予定している。

photo

なお、採択チームはサポーターからの支援のほか、DMM.make AKIBAの利用費用の一部免除の特典も受けられる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  4. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  7. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  8. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  9. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  10. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る