新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDで光きらめくドレスに——LEDデコレーションキット「StitchKit」

LEDでドレスやワンピースなどをデコレーションできる「StitchKit」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

StitchKit

StitchKitは、LEDストリング、各種センサー、小型コントローラーがセットになったキット。ドレスやワンピースなどの生地に縫い付けるだけで、LEDで光り輝く未来的なデコレーションを施すことができる。

StitchKit
StitchKit

StitchKitは、最先端テクノロジーとファッションの融合に取り組んでいるカナダのMakeFashionとウェアラブルやファッションテクノロジーを手掛けるカナダのWareLabsとのコラボレーションから生まれたプロジェクト。MakeFashionは、2016年に中国で開催された「Maker Faire成都」にも出展している。

StitchKitの心臓部はArduinoベースの「MakeFasion board」。300個以上のLEDを点灯させ500色以上の光を出すことができるうえ、音響、光、振動、近接などの各種センサーを使って光の状態を変化させることができる。StitchKit開発にはSeeed Studioとも協力しており、同社のGroveセンサーはすべてStitchKitに対応している。

StitchKit

StitchKitの価格は、キットに含まれるLEDやセンサーの種類と数により49~199カナダドル(約4300~1万7000円)。出荷は2018年4月の予定で、日本への送料は15~25カナダドル(約1300円~2200円)だ。

StitchKitは2018年1月28日までクラウドファンディングを実施。2017年12月18日時点で、目標額1万カナダドル(約88万円)に対して約9400カナダドル(約82万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る