新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEDで光きらめくドレスに——LEDデコレーションキット「StitchKit」

LEDでドレスやワンピースなどをデコレーションできる「StitchKit」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

StitchKit

StitchKitは、LEDストリング、各種センサー、小型コントローラーがセットになったキット。ドレスやワンピースなどの生地に縫い付けるだけで、LEDで光り輝く未来的なデコレーションを施すことができる。

StitchKit
StitchKit

StitchKitは、最先端テクノロジーとファッションの融合に取り組んでいるカナダのMakeFashionとウェアラブルやファッションテクノロジーを手掛けるカナダのWareLabsとのコラボレーションから生まれたプロジェクト。MakeFashionは、2016年に中国で開催された「Maker Faire成都」にも出展している。

StitchKitの心臓部はArduinoベースの「MakeFasion board」。300個以上のLEDを点灯させ500色以上の光を出すことができるうえ、音響、光、振動、近接などの各種センサーを使って光の状態を変化させることができる。StitchKit開発にはSeeed Studioとも協力しており、同社のGroveセンサーはすべてStitchKitに対応している。

StitchKit

StitchKitの価格は、キットに含まれるLEDやセンサーの種類と数により49~199カナダドル(約4300~1万7000円)。出荷は2018年4月の予定で、日本への送料は15~25カナダドル(約1300円~2200円)だ。

StitchKitは2018年1月28日までクラウドファンディングを実施。2017年12月18日時点で、目標額1万カナダドル(約88万円)に対して約9400カナダドル(約82万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る