新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1辺18cm、本体重量1kg——コンパクトなFFF方式3Dプリンター「The Micro Plus」

バランスボディ研究所は、FFF(熱溶融積層)方式の家庭用3Dプリンター「The Micro Plus」を発売した。

The Micro Plusは本体サイズ185×185×185mm、重量1.07kgというコンパクトなサイズが特徴だ。

プリントベッドとノズルとの間隔を自動調整してくれるオートキャリブレーション機能を備えており、印刷中の細かいパラメーターの調整は不要だ。また、作業中のデータを記憶できるメモリー機能も搭載しており、PCとの接続が切断された場合でも、作業が中断されることはないとしている。

純正フィラメントとして、PLAに加えて粘性がある柔らかめの「Tough」、PLAよりも強度の高い「Carbon」の3種類を用意。その他、ABS/ABS-R/カメレオンPLAなど、1.75径の汎用フィラメントに対応する。ABS使用には、別売りの専用加熱ベッドが必要となる。

最小位置決め精度はXY軸が15μm、Z軸が3μm。プリントヘッドの移動スピードは最大90mm/秒、造形スピードは通常45mm/秒となる。

専用ソフトウェアとして、無料で使用できる「M3Dソフトウェア」を用意。オンライン上にあらかじめ用意された3Dデータをドラッグアンドドロップするだけで、3Dプリントが開始できる。その他、STL、OBJファイル形式に対応する。

最大造形サイズは109×114×116mm。うち基礎造形サイズは113×109×74mm、上部造形サイズは91×84×42mmとなる。なお、上から42mmは、上部造形サイズ以上の作成はできない。

価格は6万9800円(税込)。純正PLAフィラメント(1本)が付属する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る