新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本発のArduino互換ボードプロジェクト——microSDサイズのATMEGA328ボード「Chobi」

大阪発のArduino互換ボードプロジェクト「Chobi」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Chobiは、小型MLFパッケージの「ATMEGA328P-MU 8Mhz」をmicroSDサイズの小型基板に載せ、Arduinoブートローダーをプリインストールする。基板のピッチは1.27mm(ハーフ)だ。

photo

専用ワンタッチソケットのSTLファイルを、3Dプリンターで出力できるようオープンソースで提供する予定。調達した資金は中国での生産と、アダプターと書き込みデバイスの開発にあてるとしており、バッカーからのカラーリクエストも受け付けている。

Chobiは数量限定の早割価格を8ドル(約910円)、送料込みの5枚セットを45ドル(約5100円)などとなっている。出荷は2018年2月だが、現時点ではリターンの詳細、送料など記載に不明な点があり、確認が必要だろう。

ChobiはIndiegogoにて、2018年2月下旬まで7000ドル(約79万円)をフレキシブルゴールとしてクラウドファンディングを実施中。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. GoF studio(東京都台東区)
  5. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  6. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  7. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)
  8. アイ・オー・データ機器、Raspberry Pi標準OSプリインストールmicroSDカード「UD-RPSDRB」発売
  9. Raspberry Piの実験や制作に——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用拡張基板5種発売
  10. きっかけはトラブルだった——旅館の食事に欠かせない「例の青い固形燃料」が生まれた理由

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る