新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オプティム、AI/IoT/ビッグデータを活用した「スマート農業アライアンス」を設立

オプティムは、AI/IoT/ビッグデータを活用した「スマート農業」を推進することを目的とした「スマート農業アライアンス」を設立し、参加者を募集している。

スマート農業アライアンスは、生産農家を始め、企業や金融機関、自治体、大学などを対象とし、参加者は「スマートデバイスプロジェクト」、「スマートアグリフードプロジェクト」などいずれかのプロジェクトに参加することになる。

スマートデバイスプロジェクトは、スマートフォンやタブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、そしてIoT農機具などのスマート農業を実現するためのキーとなるスマートデバイスを活用することによって、生産者の作業負担軽減や技術伝承などの課題を解決するプロジェクトだ。

さまざまな種類やメーカーのデバイスを、オプティムの農業IoTソリューション「OPTiM スマート農業ソリューション」と組み合わせることによって生産者の課題の解決に必要なサービスを作り出すことを目的にする。

参加者は、生産者であれば自身でドローンなどの各種デバイスを操縦することや、取り組みに対する定期的な報告、および残量農薬検査や土壌調査などの実証実験に協力することになる。

スマートアグリフードプロジェクトは、ドローンやAI、IoTを活用して減農薬を実現し、付加価値の高い農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクトだ。また、OPTiM スマート農業ソリューションを通じて生産された大豆と米であれば、すべてオプティムが買い取るという制度も設ける。

第一期のアライアンスパートナー募集期間は、スマートデバイスプロジェクトは2018年3月31日まで、参加費は第一期のみ無料で、同社サイトから申し込みを受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る