新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ライトやウインカーにもなる——非接触型ダイナモを内蔵した自転車用ブレーキシュー「Magnic Microlights」

非接触型ダイナモを内蔵した自転車用ブレーキシュー「Magnic Microlights」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Magnic Microlightsは、自転車の通常のブレーキシューと交換するだけで簡単に取り付けられるLEDライト付ブレーキシューだ。本体に金属製リムの回転を利用し非接触で発電するダイナモを内蔵し、外部電源不要でLEDを点灯させている。

photo

ライト機能として走行中に前後を照らすだけでなく、ブレーキ使用時にリア側が明るくなるブレーキランプ機能や、曲がりたい方向のブレーキレバーを2回握ることで前後片側のライトが点滅するウインカー機能も備えている。これらの機能はスタンドアローンで動作するよう、本体そのものに組み込まれている。

photo

さらに「スマートセット」では、スマートフォンアプリと連動した機能も利用でき、ナビゲーションアプリで目的地を設定すると曲がる箇所をウインカーで通知したり、スピードセンサーの代わりに速度を計測してアプリで利用できる。

photo

「ベーシックセット」は、フロントとリアのブレーキシュー各2個(ダイナモライトユニット+リフレクター)のセットで、「スタンドライトセット」は、フロントとリアのブレーキシュー各2個(スタンドライト機能)のセットだ。「スマートセット」では、Bluetooth通信を使ったスマートフォン連携機能が利用できる。

photo

Magnic Microlightsのブレーキパッド部分は、摩耗すればパッドだけ交換できる。キャリパーブレーキ/Vブレーキ、カンチレバーブレーキシステムに対応し、ライトの向きは上下方向に簡単に調整可能だ。

photo

Magnic Microlightsのベーシックセットは38ユーロ(約5150円)、スタンドライトセットは74ユーロ(約1万円)、スタンドライトセットにスマート機能が付属するスマートセットは99ユーロ(約1万3400円)で提供する。ベーシック/スタンドライトセットは2018年8月、スマートセットは11月の出荷を予定しており、日本への送料はいずれも14ユーロ(約1900円)だ。

Magnic MicrolightsはKickstarterにて、目標金額100万ユーロ(約1億3500万円)で2018年2月17日までクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る