新しいものづくりがわかるメディア

RSS


精密加工された金属の質感が感じられる立体パズル「Element Enigma」

6種の金属素材でできた立体パズル「Element Enigma」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

photo

Element Enigmaは、マグネシウム、アルミニウム、チタン、鉄、銅、タングステンの6種の金属製ピースを組み合わせる立体パズルだ。各ピースは同じ体積になるよう精密加工されており、手に取ることで材質や比重の違いを感じることができる。

photo

Element Enigmaの完成時のサイズ(高さ×幅×奥行き)は、約5.1×5.4×4.5cm。重さは275g。Element Enigmaの2倍(体積で8倍)大きい「Element Enigma Plus」もあり、サイズは約10.2×10.8×9cm、重さは2200gだ。

photo

また、アルミニウムだけを使った「Aluminum Enigma」と「Aluminum Enigma Plus」もあり、こちらはすべてのピースが等長となるよう加工されている。Aluminum Enigmaのサイズは、約3.8×3.8×3.8cmで重さは72g。Aluminum Enigma Plusのサイズは、約7.6×7.6×7.6cmで重さは576gだ。

photo

Element Enigmaの価格は199ドル(約2万2500円)、Element Enigma Plusは379ドル(約4万2800円)、Aluminum Enigmaは99ドル(約1万1200円)、Aluminum Enigma Plusは189ドル(約2万1400円)となっている。

photo

出荷は2018年4月の予定で、日本への送料はElement Enigmaが20ドル(約2260円)、Element Enigma Plusが50ドル(約5650円)だ。

Element Enigmaは2018年3月5日までクラウドファンディングを実施。2018年1月9日時点で目標の1000ドル(約11万3000円)に対して、4000ドル(約45万2000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る