新しいものづくりがわかるメディア

RSS


精密加工された金属の質感が感じられる立体パズル「Element Enigma」

6種の金属素材でできた立体パズル「Element Enigma」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

photo

Element Enigmaは、マグネシウム、アルミニウム、チタン、鉄、銅、タングステンの6種の金属製ピースを組み合わせる立体パズルだ。各ピースは同じ体積になるよう精密加工されており、手に取ることで材質や比重の違いを感じることができる。

photo

Element Enigmaの完成時のサイズ(高さ×幅×奥行き)は、約5.1×5.4×4.5cm。重さは275g。Element Enigmaの2倍(体積で8倍)大きい「Element Enigma Plus」もあり、サイズは約10.2×10.8×9cm、重さは2200gだ。

photo

また、アルミニウムだけを使った「Aluminum Enigma」と「Aluminum Enigma Plus」もあり、こちらはすべてのピースが等長となるよう加工されている。Aluminum Enigmaのサイズは、約3.8×3.8×3.8cmで重さは72g。Aluminum Enigma Plusのサイズは、約7.6×7.6×7.6cmで重さは576gだ。

photo

Element Enigmaの価格は199ドル(約2万2500円)、Element Enigma Plusは379ドル(約4万2800円)、Aluminum Enigmaは99ドル(約1万1200円)、Aluminum Enigma Plusは189ドル(約2万1400円)となっている。

photo

出荷は2018年4月の予定で、日本への送料はElement Enigmaが20ドル(約2260円)、Element Enigma Plusが50ドル(約5650円)だ。

Element Enigmaは2018年3月5日までクラウドファンディングを実施。2018年1月9日時点で目標の1000ドル(約11万3000円)に対して、4000ドル(約45万2000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る