新しいものづくりがわかるメディア

RSS


精密加工された金属の質感が感じられる立体パズル「Element Enigma」

6種の金属素材でできた立体パズル「Element Enigma」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

photo

Element Enigmaは、マグネシウム、アルミニウム、チタン、鉄、銅、タングステンの6種の金属製ピースを組み合わせる立体パズルだ。各ピースは同じ体積になるよう精密加工されており、手に取ることで材質や比重の違いを感じることができる。

photo

Element Enigmaの完成時のサイズ(高さ×幅×奥行き)は、約5.1×5.4×4.5cm。重さは275g。Element Enigmaの2倍(体積で8倍)大きい「Element Enigma Plus」もあり、サイズは約10.2×10.8×9cm、重さは2200gだ。

photo

また、アルミニウムだけを使った「Aluminum Enigma」と「Aluminum Enigma Plus」もあり、こちらはすべてのピースが等長となるよう加工されている。Aluminum Enigmaのサイズは、約3.8×3.8×3.8cmで重さは72g。Aluminum Enigma Plusのサイズは、約7.6×7.6×7.6cmで重さは576gだ。

photo

Element Enigmaの価格は199ドル(約2万2500円)、Element Enigma Plusは379ドル(約4万2800円)、Aluminum Enigmaは99ドル(約1万1200円)、Aluminum Enigma Plusは189ドル(約2万1400円)となっている。

photo

出荷は2018年4月の予定で、日本への送料はElement Enigmaが20ドル(約2260円)、Element Enigma Plusが50ドル(約5650円)だ。

Element Enigmaは2018年3月5日までクラウドファンディングを実施。2018年1月9日時点で目標の1000ドル(約11万3000円)に対して、4000ドル(約45万2000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る