新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブロックを並べてプログラムの学習——STEM教育向け電子ブロックキット「HoneyComb」

STEM教育向け電子ブロックキット「HoneyComb」がIndiegogoで支援を募っている。

photo

HoneyCombは、二面幅48mmの六角形の電子ブロックを基本に、ファン、サーボなども組み合わせられるキットだ。電子ブロックは6辺のうち3辺が出力用、1辺が入力用のコネクターになっており、マグネットで連結するだけで、動くおもちゃやゲームを作ることができる。LEGOと組み合わせた創作も可能だ。

photo

HoneyCombには、簡単な入出力を使い、キットだけで動作のプログラミングを学ぶ「Basic Kit」と、PCと連携させてプログラミングできる多数のブロックが入った「Queen Kit」の2種類のキットが用意されている。

photo

Basic Kitには、電源、タイマー、マイク、光センサー、NOT(論理判定)、ブザー、ドライバー、LEDの8種類の電子ブロックとファン、サーボなどのパーツが含まれ、組み合わせ次第でワニ形の掃除機やライトアップされたお城などのおもちゃを作ることができる。

photo

Queen Kitは、PC上で、Blocklyライクなプラットフォーム「Honey Blockly」を使い、コントロールや表示をプログラミングできる電子ブロックが含まれており、表示ブロックを使ったゲームなどをプログラムすることができる。

photo

HoneyCombの早期割引価格は、Basic Kit、Queen Kit共に79ドル(約8940円)。出荷は2018年3月の予定で、日本への送料は12ドル(約1360円)だ。

photo

HoneyCombは1万ドル(約113万円)を目標に、2018年3月6日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る