新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、FFF方式業務用大型3Dプリンター「Jupiter」シリーズ発売

APPLE TREEは、FFF(熱溶融積層)方式の業務用大型3Dプリンター「Jupiter」シリーズの販売を開始した。

photo

Jupiterシリーズは日本語タッチパネルとSDカードスロットを備えており、パソコンがなくてもSDカードによる印刷ジョブ実行が可能だ。ノズル径は高速造形が可能な0.8mmと、繊細かつ高精度な0.4mmの2タイプに対応。造形中にフィラメント切れが生じても、継ぎ足しによりプリント再開可能なフィラメント検出機能を搭載している。

photo

フィラメントには、2mm径の工業用PLA樹脂を採用。専用の1リール1500gの大口径ボビンに対応しており、造形時のフィラメント補充の手間を簡略化できる。また、停電回復機能や、大型造形に欠かせないプラットフォームの取り外し機能も搭載。不慮のトラブルが発生した際にも、現場で迅速に作業復帰できるよう設計されている。

photo
photo

造形サイズの異なる4タイプをラインアップ。各タイプとも造形精度は同じで、XY軸精度は±0.1~0.5mm/100mm、Z軸精度は0.1~0.4mm、最小積層ピッチ100μm、プリント速度は25~150mm/秒となる。STLファイルに対応し、ソフトウェアはkisslicerを使用する。

photo

タイプ毎の造形サイズ/本体サイズ/重量はそれぞれ以下の通りだ。

  • Jupiter-E(AT-3546):350×350×460mm/622×602×871mm/50kg
  • Jupiter-I(AT-5050):500×500×500mm/773×753×901mm/68kg
  • Jupiter-C(AT-6060):600×600×600mm/930×990×1080mm/78kg
  • Jupiter-G(AT-1200):800×600×1200mm/1221×973×1843mm/110kg
photo

また同社は、2018年2月14~16日に東京ビッグサイトで開催される3Dプリンティングショー(2018)のFLASHFORGE JAPANブースにおいて、Jupiterシリーズを披露予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  3. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  4. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  5. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  6. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  7. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実
  8. 高強度鋼構造部品をSLM方式で3Dプリントする手法を開発
  9. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  10. 入館時に体温を自動チェックできる——スペクトラム・テクノロジー、「体温検知キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る