新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、FFF方式業務用大型3Dプリンター「Jupiter」シリーズ発売

APPLE TREEは、FFF(熱溶融積層)方式の業務用大型3Dプリンター「Jupiter」シリーズの販売を開始した。

photo

Jupiterシリーズは日本語タッチパネルとSDカードスロットを備えており、パソコンがなくてもSDカードによる印刷ジョブ実行が可能だ。ノズル径は高速造形が可能な0.8mmと、繊細かつ高精度な0.4mmの2タイプに対応。造形中にフィラメント切れが生じても、継ぎ足しによりプリント再開可能なフィラメント検出機能を搭載している。

photo

フィラメントには、2mm径の工業用PLA樹脂を採用。専用の1リール1500gの大口径ボビンに対応しており、造形時のフィラメント補充の手間を簡略化できる。また、停電回復機能や、大型造形に欠かせないプラットフォームの取り外し機能も搭載。不慮のトラブルが発生した際にも、現場で迅速に作業復帰できるよう設計されている。

photo
photo

造形サイズの異なる4タイプをラインアップ。各タイプとも造形精度は同じで、XY軸精度は±0.1~0.5mm/100mm、Z軸精度は0.1~0.4mm、最小積層ピッチ100μm、プリント速度は25~150mm/秒となる。STLファイルに対応し、ソフトウェアはkisslicerを使用する。

photo

タイプ毎の造形サイズ/本体サイズ/重量はそれぞれ以下の通りだ。

  • Jupiter-E(AT-3546):350×350×460mm/622×602×871mm/50kg
  • Jupiter-I(AT-5050):500×500×500mm/773×753×901mm/68kg
  • Jupiter-C(AT-6060):600×600×600mm/930×990×1080mm/78kg
  • Jupiter-G(AT-1200):800×600×1200mm/1221×973×1843mm/110kg
photo

また同社は、2018年2月14~16日に東京ビッグサイトで開催される3Dプリンティングショー(2018)のFLASHFORGE JAPANブースにおいて、Jupiterシリーズを披露予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る