新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」

デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」がKickstarterに登場、支援を募っている。2.54mm 6ピンヘッダーはArduino Pro Miniにそのまま接続でき、PCからのスケッチ書き込みに利用できる。

photo

USB to UART converterの主な構成としては、USB—シリアルUARTコンバーターICにFTDIの「FT231XQ」、PCサイドとのアイソレーションにはSILICON LABSのデジタルアイソレーター「Si8642」を使っている。

photo

Si8642周りの基板パターンもPC側とコンバーター側で4.1mm離されており、1kVの絶縁(Si8642単体では2.5kV)を確保しているという。

開発元は、Arduino Pro mini側のプロジェトとPC電源の絶縁を確実にすることのメリットとして、プロジェクト側の内部ショートによりPCを壊す恐れがないこと、PCからのノイズ影響が少ないことなどを挙げている。異なる通信回路を接続する場合、グランドを切り離して別基準とし、グランドループを回避する対策は、安定動作や不具合特定には重要なポイントになる。

photo

USB to UART converterのサイズは40×17㎜、動作電圧は2.5~5Vと広くなっている。また、基板上にTXとRX上にLEDが入り、透明な熱収縮チューブで覆われている。

USB to UART converterは、Kickstarterでは早期キャンペーン価格として10ユーロ(約1340円)から提供される。2018年3月から世界各国に出荷を予定。日本への送料は別途4ユーロ(約536円)が必要だ。

USB to UART converterはKickstarterで、2018年2月3日までクラウドファンディングを実施中。1月10日時点で目標額500ユーロ(約6万7000円)に対して600ユーロ(約8万400円)以上を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る