新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」

デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」がKickstarterに登場、支援を募っている。2.54mm 6ピンヘッダーはArduino Pro Miniにそのまま接続でき、PCからのスケッチ書き込みに利用できる。

photo

USB to UART converterの主な構成としては、USB—シリアルUARTコンバーターICにFTDIの「FT231XQ」、PCサイドとのアイソレーションにはSILICON LABSのデジタルアイソレーター「Si8642」を使っている。

photo

Si8642周りの基板パターンもPC側とコンバーター側で4.1mm離されており、1kVの絶縁(Si8642単体では2.5kV)を確保しているという。

開発元は、Arduino Pro mini側のプロジェトとPC電源の絶縁を確実にすることのメリットとして、プロジェクト側の内部ショートによりPCを壊す恐れがないこと、PCからのノイズ影響が少ないことなどを挙げている。異なる通信回路を接続する場合、グランドを切り離して別基準とし、グランドループを回避する対策は、安定動作や不具合特定には重要なポイントになる。

photo

USB to UART converterのサイズは40×17㎜、動作電圧は2.5~5Vと広くなっている。また、基板上にTXとRX上にLEDが入り、透明な熱収縮チューブで覆われている。

USB to UART converterは、Kickstarterでは早期キャンペーン価格として10ユーロ(約1340円)から提供される。2018年3月から世界各国に出荷を予定。日本への送料は別途4ユーロ(約536円)が必要だ。

USB to UART converterはKickstarterで、2018年2月3日までクラウドファンディングを実施中。1月10日時点で目標額500ユーロ(約6万7000円)に対して600ユーロ(約8万400円)以上を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る