新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」

デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」がKickstarterに登場、支援を募っている。2.54mm 6ピンヘッダーはArduino Pro Miniにそのまま接続でき、PCからのスケッチ書き込みに利用できる。

photo

USB to UART converterの主な構成としては、USB—シリアルUARTコンバーターICにFTDIの「FT231XQ」、PCサイドとのアイソレーションにはSILICON LABSのデジタルアイソレーター「Si8642」を使っている。

photo

Si8642周りの基板パターンもPC側とコンバーター側で4.1mm離されており、1kVの絶縁(Si8642単体では2.5kV)を確保しているという。

開発元は、Arduino Pro mini側のプロジェトとPC電源の絶縁を確実にすることのメリットとして、プロジェクト側の内部ショートによりPCを壊す恐れがないこと、PCからのノイズ影響が少ないことなどを挙げている。異なる通信回路を接続する場合、グランドを切り離して別基準とし、グランドループを回避する対策は、安定動作や不具合特定には重要なポイントになる。

photo

USB to UART converterのサイズは40×17㎜、動作電圧は2.5~5Vと広くなっている。また、基板上にTXとRX上にLEDが入り、透明な熱収縮チューブで覆われている。

USB to UART converterは、Kickstarterでは早期キャンペーン価格として10ユーロ(約1340円)から提供される。2018年3月から世界各国に出荷を予定。日本への送料は別途4ユーロ(約536円)が必要だ。

USB to UART converterはKickstarterで、2018年2月3日までクラウドファンディングを実施中。1月10日時点で目標額500ユーロ(約6万7000円)に対して600ユーロ(約8万400円)以上を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  3. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  4. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  7. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  8. コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」
  9. アクセサリーやフィギュアの補強や修理に——4秒で硬化する紫外線硬化プラスチック「UV Bondy」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る