新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、CES 2018にてマスカスタマイゼーションと新レジン2種を発表

Formlabsは、CES 2018においてSLA(光造形)方式3Dプリンター「Form 2」向けに新レジン2種「Grey Pro」と「Rigid」を発表、あわせて同社の3Dプリント技術を利用したマスカスタマイゼーションの事例を紹介している。

photo

Grey Proは、精度の高い造形が可能で、伸び率が高いがクリープ率が低いという特性を備えている(Standardの伸び6.2%に対して13%)。そのためコンセプトモデリングや、特に繰り返して動作を確認する必要があるファンクションプロトタイプなどの制作に適したレジンだ。

photo

Rigidは、ガラス繊維で強化されたレジンで、曲げ弾性や引張弾性が高く(引張弾性はStandardの2.8に対して4.1)、素材表面が滑らかという特性を備える。こちらは繰り返しの変形にも強いため、壁の薄いハウジングなどの制作に適している。

photo

Formlabsは、CES 2018展示ブース(LVCC、North Hall、Booth #7908)において、トレードショーで初めてForm 2による自動化ソリューション「Form Cell」とSLS方式3Dプリンター「Fuse 1」を展示し、Formlabs技術による3Dプリンターを利用する顧客やパートナーの製品やデモを行う。

ブースでは、Form 2と3Shape Phoenix耳型スキャナーを組み合わせてカスタマイズしたイヤホン、Form 2を利用したquipの電動歯ブラシのプロトタイプ、Form Cellを使ったPankl Racing Systemsの特殊部品少量バッチ製造などを紹介する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る