新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Formlabs、CES 2018にてマスカスタマイゼーションと新レジン2種を発表

Formlabsは、CES 2018においてSLA(光造形)方式3Dプリンター「Form 2」向けに新レジン2種「Grey Pro」と「Rigid」を発表、あわせて同社の3Dプリント技術を利用したマスカスタマイゼーションの事例を紹介している。

photo

Grey Proは、精度の高い造形が可能で、伸び率が高いがクリープ率が低いという特性を備えている(Standardの伸び6.2%に対して13%)。そのためコンセプトモデリングや、特に繰り返して動作を確認する必要があるファンクションプロトタイプなどの制作に適したレジンだ。

photo

Rigidは、ガラス繊維で強化されたレジンで、曲げ弾性や引張弾性が高く(引張弾性はStandardの2.8に対して4.1)、素材表面が滑らかという特性を備える。こちらは繰り返しの変形にも強いため、壁の薄いハウジングなどの制作に適している。

photo

Formlabsは、CES 2018展示ブース(LVCC、North Hall、Booth #7908)において、トレードショーで初めてForm 2による自動化ソリューション「Form Cell」とSLS方式3Dプリンター「Fuse 1」を展示し、Formlabs技術による3Dプリンターを利用する顧客やパートナーの製品やデモを行う。

ブースでは、Form 2と3Shape Phoenix耳型スキャナーを組み合わせてカスタマイズしたイヤホン、Form 2を利用したquipの電動歯ブラシのプロトタイプ、Form Cellを使ったPankl Racing Systemsの特殊部品少量バッチ製造などを紹介する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る