新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンパクトで持ち運びできる家庭用VRモーションシミュレーター「Yaw VR」

家庭で使えるVRモーションシミュレーター「Yaw VR」がKickstarterに登場した。使わないときは2つのお椀を重ねるようにして収納でき、持ち運びも可能だ。

Yaw VRは、直径約740mm×高さ約380mm(収納時)で重さ約15kgと、小型かつ軽量。コンパクトでありながらヨー角(上下を軸とした水平面内の回転角度)は360°、水平軸に対する可動範囲は50°と本格的なモーションシミュレーターだ。

photo
photo

Yaw VRを使う際に両足を置くホルダーは調整可能で、身長120cm~190cmであれば使用可能。最大150kgまでの重さに耐えられるという。

Yaw VRは、モーションシミュレーションソフト「SimTools」のほか、80を超えるモーションシミュレーターアプリに対応。さらに、「Oculus Go」、「Samsung Gear VR」、「PlayStation VR」などPC以外のプラットフォームでも使えるように、現在、開発作業中だ。また、Yaw VRはオープンソースのため自作ソフトウェアでも使うことができる。

Yaw VRの早期割引価格は、890ドル(約10万円)。出荷は2018年8月の予定で、日本への送料は100ドル(約1万1000円)だ。

Yaw VRは、2018年2月25日まで15万ドル(約1700万円)を目標にクラウドファンディングを実施する。Yaw VRは、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催された「CES 2018」にも出展している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る