新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンパクトで持ち運びできる家庭用VRモーションシミュレーター「Yaw VR」

家庭で使えるVRモーションシミュレーター「Yaw VR」がKickstarterに登場した。使わないときは2つのお椀を重ねるようにして収納でき、持ち運びも可能だ。

Yaw VRは、直径約740mm×高さ約380mm(収納時)で重さ約15kgと、小型かつ軽量。コンパクトでありながらヨー角(上下を軸とした水平面内の回転角度)は360°、水平軸に対する可動範囲は50°と本格的なモーションシミュレーターだ。

photo
photo

Yaw VRを使う際に両足を置くホルダーは調整可能で、身長120cm~190cmであれば使用可能。最大150kgまでの重さに耐えられるという。

Yaw VRは、モーションシミュレーションソフト「SimTools」のほか、80を超えるモーションシミュレーターアプリに対応。さらに、「Oculus Go」、「Samsung Gear VR」、「PlayStation VR」などPC以外のプラットフォームでも使えるように、現在、開発作業中だ。また、Yaw VRはオープンソースのため自作ソフトウェアでも使うことができる。

Yaw VRの早期割引価格は、890ドル(約10万円)。出荷は2018年8月の予定で、日本への送料は100ドル(約1万1000円)だ。

Yaw VRは、2018年2月25日まで15万ドル(約1700万円)を目標にクラウドファンディングを実施する。Yaw VRは、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催された「CES 2018」にも出展している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る