新しいものづくりがわかるメディア

RSS


大型LCDで高速造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Kendle K2」

LCD SLA(光造形)方式の3Dプリンター「Kendle K2」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Kendle K2は、デスクトップ型3Dプリンターだ。光源は405nm 130W LEDを使い、LCDは2560×1600 339PPiと高精細タイプを使用し、X/Y精度は75μmとなっている。

photo

最高スピード5秒/レイヤーの高速プリントをうたっており、LCD SLAでしばしば問題となる発熱に対しては4連装ファンを採用、高精度なリニアガイドウェイやジョイントと合わせて、高速でも安定した造形が可能だとしている。

photo

インターフェースとしては、Wi-Fi/イーサネット/USBに対応、独立したLCDタッチスクリーンでも操作できる。

photo

本体サイズは300×300×575mmで重さは25kgだ。最大造形サイズ190×120×220mm、積層ピッチは10~300μmで調整できる。本体を覆うUV保護アクリルカバーは、モデルの取り出しやレジンの交換の際に大きく上方へ開くようになっている。

photo

Kendle K2の予定小売価格は2099ドル(約23万2000円)で、今なら数量限定の早割価格9800香港ドル(約13万8000円)で入手できる。800グラムのホワイトレジンが付属する。5kgのレジン(ホワイト/ブラック/グレー/透明)のみも、1200香港ドル(約1万7000円)で提供する。出荷は2018年3月を予定しており、日本への送料は本体が1980香港ドル(約2万8000円)、レジンが781香港ドル(約1万1000円)だ。

photo

Kendle K2はKickstarterにて、2018年2月12日までクラウドファンディングを実施する。1月16日時点で、20万香港ドル(約283万円)の目標額に対し約10万2000香港ドル(約144万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る