新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタルファブリケーションアワード「YouFab Global Creative Awards 2017」、審査結果発表

FabCafe Global が主催する、デジタルファブリケーション分野のグローバルアワード「YouFab Global Creative Awards 2017」の審査結果が発表された。

2012年に始まり、今回で6回目となるYouFab Global Creative Awardsは、デジタル工作機械を用いてつくられた新時代のものづくりを評価するグローバルアワードだ。今年のテーマは「Rock it!」 で、26カ国から総計227作の応募があった。

photo 「Regenerative Reliquary(再生可能な聖遺物)」

2017年のグランプリには、Amy Karle(アメリカ)が制作した「Regenerative Reliquary(再生可能な聖遺物)」が輝いた。Regenerative Reliquaryは、3Dプリンターとヒトの幹細胞で作られた人間の手の骨を再現している。無生物の物体から生命の可能性を描き出し、生命の神秘に対して疑問を投げかけた作品だ。

photo 「Minima | Maxima(最小値|最大値)」

準グランプリにあたるFIRST PRIZEには、MARC FORNES/THEVERYMANY(アメリカ)による「Minima | Maxima(最小値|最大値)」が選出された。Minima | Maximaは、6mmの薄い骨組みで作られた13m以上の高さの建築で、無秩序に広がる複曲面によって成り立つが自立しており、柱や梁を必要としない。

photo 「The Third Thumb」

触覚(HAPTIC)に通じる作品を募集するHAPTIC DESIGN賞には、Dani Clode(イギリス)による、3Dプリンターで作られた3本目の親指「The Third Thumb」が選出された。両足に装着したフットコントローラーを使って操作し、人工装具を身体の延長として再定義することを目指している。

photo 「Spring‐Pen」
photo 「3D Weaver」

その他、学生部門賞には田中賢吾(日本)のソフトな書き心地のスタイラスペン「Spring‐Pen」、一般部門賞はOluwaseyi Sosanya/Sosa Fresh(イギリス)の立体構造を織るために設計された織機「3D Weaver」が選出された。

YouFab Global Creative Awards 2017受賞作展示会は、2018年2月9日~23日、GOOD DESIGN MARUNOUCHI(東京)にて行われる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る