新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GPIOピンヘッダー実装済みのPi Zero——「Raspberry Pi Zero WH」が登場

Raspberry Pi財団は公式ブログで、Raspberry Pi Zero WにGPIOピンヘッダーを実装した「Raspberry Pi Zero WH」を発表した。

photo

Raspberry Pi Zero WHは、Raspberry Pi Zero Wの仕様はそのままに、40ピンのGPIOヘッダーを実装したモデルだ。

小型化する必要があるIoTデバイスを作製する場合などピンヘッダーは不要なこともあるが、Zero Wで拡張基板を手軽に使いたいとか、半田付けを避けたい人にはよいだろう。

国内ではスイッチサイエンスやケイエスワイなどから1月下旬に発売予定というアナウンスがでている。入門用という位置づけだったPi Zeroなどと異なり、1人1点の購入数量制限はないとのこと。具体的な入荷予定は未定のようだが、ビジネス用途で多量に使うこともできるようになる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る