新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、ラボの自動化や産業用ロボット、3Dプリンター向けの高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表した。

STSPIN820は、4×4mmのQFNパッケージにモーター駆動用の制御回路と保護されたパワー素子(定格45V、500mΩのRDS(ON))を搭載したステッピングモーター専用ドライバー。高速入力が可能で、高精度なマイクロステッピングアルゴリズムにより、1度以下の分解能でモーターを回転できる。例えば3Dプリンターのヘッドを毎秒500mmで動作させつつ、サブミクロンの精度を出すことも可能だとしている。

電源電圧範囲7~45Vで動作し、1.5Aの最大出力電流によってパワーとトルクに対するさまざまな要求に柔軟に対応することができる。また、専用のスタンバイピンによって低消費電力モードに切り替えることで、消費電力に制約があるアプリケーションにも対応することができる。

現在すでに量産中で、価格は1000個購入時で約1.25ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る