新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、ラボの自動化や産業用ロボット、3Dプリンター向けの高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表した。

STSPIN820は、4×4mmのQFNパッケージにモーター駆動用の制御回路と保護されたパワー素子(定格45V、500mΩのRDS(ON))を搭載したステッピングモーター専用ドライバー。高速入力が可能で、高精度なマイクロステッピングアルゴリズムにより、1度以下の分解能でモーターを回転できる。例えば3Dプリンターのヘッドを毎秒500mmで動作させつつ、サブミクロンの精度を出すことも可能だとしている。

電源電圧範囲7~45Vで動作し、1.5Aの最大出力電流によってパワーとトルクに対するさまざまな要求に柔軟に対応することができる。また、専用のスタンバイピンによって低消費電力モードに切り替えることで、消費電力に制約があるアプリケーションにも対応することができる。

現在すでに量産中で、価格は1000個購入時で約1.25ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  2. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  3. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  4. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  5. 造形物にUVプリンターでダイレクト印刷——ミマキエンジニアリング、FFF方式3Dプリンター「3DFF-222」発売
  6. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  7. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  8. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売
  9. 独フラウンホーファーIWU、スクリュー押出式高速3Dプリンター「SEAM」を発表
  10. 重量わずか10g——鳥のように羽ばたいて飛ぶ小型ドローン「MetaFly」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る