新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、ラボの自動化や産業用ロボット、3Dプリンター向けの高精度小型モーター制御用IC「STSPIN820」を発表した。

STSPIN820は、4×4mmのQFNパッケージにモーター駆動用の制御回路と保護されたパワー素子(定格45V、500mΩのRDS(ON))を搭載したステッピングモーター専用ドライバー。高速入力が可能で、高精度なマイクロステッピングアルゴリズムにより、1度以下の分解能でモーターを回転できる。例えば3Dプリンターのヘッドを毎秒500mmで動作させつつ、サブミクロンの精度を出すことも可能だとしている。

電源電圧範囲7~45Vで動作し、1.5Aの最大出力電流によってパワーとトルクに対するさまざまな要求に柔軟に対応することができる。また、専用のスタンバイピンによって低消費電力モードに切り替えることで、消費電力に制約があるアプリケーションにも対応することができる。

現在すでに量産中で、価格は1000個購入時で約1.25ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る