新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google Lunar XPRIZE、全チームが打ち上げ期限切れで終了へ

XPRIZE財団とGoogleは、世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(GLXP)」について、2018年3月31日の期限までに打ち上げ可能なチームがないとの結論に至ったことを発表した。

打ち上げ契約承認を受けたGLXPの最終フェーズには、日本の「HAKUTO」を含む5チームが残っている。HAKUTOは2018年1月11日、相乗りを予定していた「TeamIndus」によるロケットの調達が不調に終わり、レース期限内での打ち上げが難しくなったことを明らかにし、期限の延期を求めていると説明していた。

XRIZE財団はPeter Diamandis会長とMarcus Shingles CEOの連名で、全5チームと協議を重ねた上で、資金調達、技術、規制などの多くの困難があり、期限までに打ち上げ可能なチームがいないこと、その結果3000万ドルのグランドプライズは支払われないとの声明を発表した。

その中で、「GLXPは大きな話題を呼び、もはや宇宙開発は政府系機関だけのものではなく、世界中の起業家やエンジニア、イノベーターによる小さなチームでも可能だということを示すことができた。そしてインド、マレーシア、イスラエル、ハンガリー初の商業向け民間宇宙企業の誕生、関連した雇用の創出、教育プログラムにより世界中の若者にSTEM分野への興味を向けさせることができた」と、GLXPがもたらした成果を評価している。

photo

そして今後の展望として、「打ち上げプロバイターとの契約も完了し、月面着陸の最終段階まで進んでいるチームがある。今後は別のスポンサーでコンテストを継続するか、GLXPとしてこのまま継続し賞金なしでチームを表彰するなどのオプションがある」としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る