新しいものづくりがわかるメディア

RSS


豆ひきからポアオーバーまでラズパイにお任せ——ロボットコーヒーメーカー「Mugsy」

サードウェーブコーヒーを自宅で入れられるRaspberry Piベースのロボットコーヒーメーカー「Mugsy」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Mugsy

Mugsyは、コーヒーの豆ひきから湯沸かし、ポアオーバーまでRaspberry Piでコントロールするドリップ式完全自動コーヒーメーカーだ。

Mugsy
Mugsy

Mugsyのコーヒー作りは、コーヒー豆をひくことから始まる。豆の量やひき加減は自動制御で、ひき終わった豆はステンレス製のドリッパーへ移される。豆をひき始めると同時に湯を沸かし始め、適温になるとポアオーバーが始まる。ドリッパーが回転する間、湯の注ぎ口が180度の弧を横切るように動く。この動きでハンドドリップを再現し、2~3分後にはおいしいコーヒーが楽しめる。

Mugsyは、電子メール、SMS、Twitterなどを使って離れた場所から操作することも可能だ。

Mugsy

Mugsyはフィルターやポッドを使用しないので、コーヒーかす以外のごみが出ない。ドリッパーをスライドして取り外し、コーヒーかすを空けてさっと洗うだけで次のコーヒーを入れ始められる。

1回で入れられる量は18~20オンス(約530~590ミリリットル)。内部には最大容量1ポンド(約450g)の豆ホッパーを備えており、取り外し可能な水タンクには最大1.7リットルの水を保持できるという。

Mugsy

Mugsyの価格は、Raspberry Piなしの組み立てキットが150ドル(約1万6000円)、Raspberry Pi 3付き組み立てキットが175ドル(約1万9000円)で、組み立て済み完成品が250ドル(約2万6000円)。いずれも出荷は2018年11月の予定で、日本への送料は30ドル(約3200円)だ。

Mugsyは2018年3月30日までクラウドファンディングを実施。2018年3月5日時点で、目標額2万5000ドル(約260万円)に対して約1万8000ドル(約190万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る