新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幼児から大人まで幅広い年齢層を対象——プログラミング教育用ロボット「KicoBox」

幼児から大人まで幅広い年齢層を対象にしたプログラミング教育用ロボット「KicoBox」がKickstarterで出資を募っている。

KicoBox

各レッスンのプログラムはアイデアカードと呼ばれるカードに描かれている。レッスンは年齢に合わせて考えられており、6歳以下の子どもには音と光、7歳~11歳にはライントレース機能を持つロボット、11歳~14歳にはテキストベースのプログラミング、15歳以上にはAIやIoTの学習をテーマとした内容になっている。プログラミングはScratchまたはArduino IDEで行う。

KicoBox
KicoBox

KicoBoxはMega2560マイクロコントローラーを搭載。キューブ型のボディに有機ELディスプレイ、Bluetooth通信機能、スピーカー、赤外線センサー、タッチボタン、拡張スロットを備えている。重さは180g。ボディの色は青、赤、黄色が用意されている。

KicoBox

KicoBoxの早期割引価格は79ドル(約8400円)。パッケージには8種類のアイデアカード、ケーブル、ホイール2個とアプリケーションの無料ダウンロード権が含まれる。出荷は2018年5月の予定で、日本への送料は無料だ。

KicoBoxは2018年3月27日までクラウドファンディングを実施するが、2018年3月5日時点で約9800ドル(約103万円)を集めており目標の1万ドル(約106万円)をほぼ達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る