新しいものづくりがわかるメディア

RSS


35年前の技術書の日本語版——オライリー・ジャパン、電子工作の入門書「エレクトロニクスをはじめよう」発刊

オライリー・ジャパンは、「エレクトロニクスをはじめよう」を発刊した。

本書はエレクトロニクス(電子工作、電子工学)初学者のための入門書だ。全9章構成。電気の基礎からスイッチや抵抗、コンデンサーなどの基本的な電子部品、ダイオード/トランジスターなどの半導体、そしてデジタルICなどについて、原理と基本的な使い方を手書きイラストで丁寧に説明している。

最終章となる9章には、シンプルで理解しやすい電子回路を100掲載。電子工作入門者だけでなく、電子工作を始めたいと考えている美大の学生、ウェブエンジニアなどにも適している。

原書となる「Getting Started In Electronics」は1983年刊行。アメリカの電子パーツ販売店、RadioShackのために出版された。手書きのイラストと文字による親しみやすいスタイルにより、累計130万部を販売している。

「Arduinoをはじめよう」などに続く「はじめよう」シリーズの1冊として、原書の刊行から35年後に日本語版が発刊された。

著者はForrest M Mims III氏、監修は斉田一樹氏、訳は鈴木英倫子氏。A5版184ページで、定価は2160円(税込)だ。

 

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る