新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンがロボットに変身——ロボティクス教育用ロボット「Robobo」

スマートフォンを利用する教育用ロボット「Robobo」のクラウドファンディングがKickstarterで行われている。

Robobo

Roboboは、ロボットの頭脳にあたるスマートフォンとボディとなるモバイルベースで構成。自律ロボットについて自宅や学校で学べるように開発された教育用ロボットだ。

スマートフォンに搭載されているカメラ、ジャイロスコープ、加速度センサーなどをロボットの機能の一部として利用し動作する。スマートフォンでコントロールするのではなく、スマートフォン自体をロボットに変身させるところがユニークだ。ロボティクスに使われる技術が、案外、身近なものであることが実感できる。

Robobo

モバイルベースにはスマートフォンを装着するホルダーのほか、ホイール、LED、赤外線センサー8個などが搭載されており、スマートフォンからの指令で動く。スマートフォンホルダーは前後に傾けたり水平方向に回転させたりでき、ロボットの顔のように動かせる。

Robobo

モバイルベースのサイズは、ホルダーを開いた状態で172×200×170mm、折りたたみ時は172×200×92mmだ。重さは700g。充電式リチウムイオン電池(5000mAh)で動作しmicro USBポート経由で充電する。使用できるスマートフォンのサイズは最小で134×67×6.5mm、最大で160×78×9.5mmだ。

スマートフォンにインストールする専用アプリ「Robobo.app」はAndroid5.1以降とiOSに対応。スマートフォンとモバイルベースとはBluetoothによるワイヤレス接続なので、ケーブルは必要ない。RoboboのプログラミングはScratch XまたはROS(Robot Operating System)で行う。

Robobo

Roboboの早期割引価格は、モバイルベースに充電用micro USBケーブル、マニュアル、自律ロボットについてのチュートリアル(英語/スペイン語)などが付属して345ユーロ(約4万5000円)。出荷は2018年9月の予定で、日本への送料は57ユーロ(約7400円)だ。2018年5月出荷を予定している早期出荷版もあり、価格は295ユーロ(約3万8000円)。早期出荷版はAndroidのみ対応で、チュートリアルは付属しない。日本への送料は57ユーロ(約7400円)だ。

Roboboは10万ユーロ(約1300万円)を目標に、2018年4月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る