新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIの仕組みや使い方を学べる——リックテレコム、「Cognitive Services入門 マイクロソフト人工知能APIの使い方」発刊へ

リックテレコムは、「Cognitive Services入門 マイクロソフト人工知能APIの使い方」を4月上旬に刊行予定だ。

Cognitive Services(Microsoft Cognitive Services)とは、AIの画像認知/音声認識に使用されるパーツ群として、マイクロソフトが提供する機能だ。

本書はCognitive Servicesを体験しながら、AIの仕組みや使い方を学べるITエンジニア向けの入門書となる。

全9章構成。前半はCognitive Servicesの概説に続き、「視覚」や「音声」「知識」など、APIをそれぞれの分野に分けて解説する。

章ごとに、各APIの概要やレスポンス確認から、Webアプリケーションの作成、サンプルプログラムの動かし方、APIを利用したアプリ開発まで詳しく説明する。

また、後半の第9章ではチャットボットの作成についても解説。Bot FrameworkによるBotの開発、QnA MakerによるQ&A Bot作成について取り扱う。付録として、Cognitive Toolkit(CNTK)を収録している。

著者は、福内かおり氏、小松祐城氏、大森彩子氏。B5変型判328ページ、価格は3200円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る