新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プラスチック製品に箔押しできる——半導体レーザー箔転写機「LD-80」

DGSHAPEは、半導体レーザーを使った小型卓上箔転写機「LD-80」を発表した。

photo

LD-80は、小型でデスクトップにおける箔転写機だ。熱源として半導体レーザーを使うことで、金型を用いる従来の箔押し方法よりも、安価でオンデマンドな加飾が可能となった。レーザー光を制御してピンポイントで箔を加熱する独自技術により、熱に弱いアクリル、ABS、ポリカーボネートなどのプラスチック素材の製品に加飾できる。

photo

レーザーは「クラス1」に準拠、本体もフルカバー構造を採用し、カバーを開けると自動で運転を停止するなど、安全性にも配慮されている。粉じんやガスの発生がなくメンテナンスも不要で、家庭用電源で動作するため、電気工事などの必要もない。

photo

標準付属のアプリケーションソフトウェアを使いテキストを直接入力するだけで、箔転写用データを簡単に作成でき、書体、文字の大きさ、文字間隔などの調整もワンクリックで設定できる。ベクターデータをインポートして使用できるので、ロゴマークや文字、イラストなどの塗りつぶし、アウトラインなども箔転写可能だ。出力データを分割すれば、複数色の箔を用いて色を組み合わせることもできる。

photo

外形寸法は286×383×308mm、重量は12kg、転写可能な材料の大きさが最大100×200×20mmまたは200×100×20mm、転写領域は80×80mm。転写可能な材料は、アクリル、ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリスチレン、ABS。インターフェースはUSB。発売日は2018年5月1日の予定で、標準価格はオープン価格となっている。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る