新しいものづくりがわかるメディア

RSS


月額30円から利用可能——LoRaWANを利用したIoT通信プラットフォーム「Senseway Mission Connect」提供開始

センスウェイは、LoRaWAN(LPWA)によるIoT通信プラットフォームサービス「Senseway Mission Connect」の提供を開始した。

同製品は、Webページで登録するだけでIoTの通信サービスを利用できる。Webからは、LoRaWANゲートウェイで提供される接続サービスにアクセスでき、IoTデバイス管理用のコンソール「Senseway Mission Connect Management Console」も提供される。

Senseway Mission Connect Management Console:スクリーンショット

初期費用は不要で、1デバイスあたり月額30円から利用可能。長期契約による制限もないため、小規模導入や実証実験まで幅広い用途で活用できる。

LoRaWANでの通信は、低消費電力かつ長距離通信が可能だ。サービスの提供開始に先立って、123.43km(富士山から千葉県柏市まで)の長距離通信の試験に成功している。

サービス範囲外のエリアで利用を希望するユーザー向けに、レンタルゲートウェイサービスも併せて開始する。屋内用のゲートウェイは月額3400円、屋外用のゲートウェイは月額1万9800円(各税抜)で提供予定だ。

レンタルゲートウェイサービス(左:屋内用、右:屋外用)

今後は三井不動産の協力のもと、同社および同社グループが関係する高層ビル/マンションなどの屋上にLoRaWANゲートウェイの基地局を設置予定だ。

サービス開始時点では、日本橋三井タワーを含む30箇所に基地局を設置済み。2018年8月には一都三県、その後設置を加速し、2019年3月までに人口の60%以上をカバーする通信設備を展開することを目標としている。

Senseway Mission Connectの開始にあわせ、パートナープログラムも開始。現時点で三井不動産を含め約50社の企業が参画を表明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る