新しいものづくりがわかるメディア

RSS


月額30円から利用可能——LoRaWANを利用したIoT通信プラットフォーム「Senseway Mission Connect」提供開始

センスウェイは、LoRaWAN(LPWA)によるIoT通信プラットフォームサービス「Senseway Mission Connect」の提供を開始した。

同製品は、Webページで登録するだけでIoTの通信サービスを利用できる。Webからは、LoRaWANゲートウェイで提供される接続サービスにアクセスでき、IoTデバイス管理用のコンソール「Senseway Mission Connect Management Console」も提供される。

Senseway Mission Connect Management Console:スクリーンショット

初期費用は不要で、1デバイスあたり月額30円から利用可能。長期契約による制限もないため、小規模導入や実証実験まで幅広い用途で活用できる。

LoRaWANでの通信は、低消費電力かつ長距離通信が可能だ。サービスの提供開始に先立って、123.43km(富士山から千葉県柏市まで)の長距離通信の試験に成功している。

サービス範囲外のエリアで利用を希望するユーザー向けに、レンタルゲートウェイサービスも併せて開始する。屋内用のゲートウェイは月額3400円、屋外用のゲートウェイは月額1万9800円(各税抜)で提供予定だ。

レンタルゲートウェイサービス(左:屋内用、右:屋外用)

今後は三井不動産の協力のもと、同社および同社グループが関係する高層ビル/マンションなどの屋上にLoRaWANゲートウェイの基地局を設置予定だ。

サービス開始時点では、日本橋三井タワーを含む30箇所に基地局を設置済み。2018年8月には一都三県、その後設置を加速し、2019年3月までに人口の60%以上をカバーする通信設備を展開することを目標としている。

Senseway Mission Connectの開始にあわせ、パートナープログラムも開始。現時点で三井不動産を含め約50社の企業が参画を表明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る