新しいものづくりがわかるメディア

RSS


透明ディスプレイを使ったフィギュアケース「フィギュア心肺蘇生室」

430×435×420mmのフィギュアケース「フィギュア心肺蘇生室」がMakuakeに登場した。

photo

フィギュア心肺蘇生室は、前、左、右の3面が透明なケースで、特に前面には透明ディスプレイを使っている。透明ディスプレイに表示される映像コンテンツと、ケースの中に置かれたフィギュアなどと組み合わせて、立体感のある演出が可能だ。

photo

入力端子はHDMI/D-SUBでPCやタブレットなどの機器と直接接続できる。また、USBによる映像再生やGoogleクロームキャストを介してスマートフォンと接続して映像や音楽の再生ができる。Googleクロームキャストのミラーキャスティングとミラーリング方式を使うことも可能だ。

photo

フィギュア心肺蘇生室のサイズは430×435×420mm、LCD透明ディスプレイは1280×1024ピクセル、外部端子はUSB、HDMI、D-SUB。製品は半組み立て状態で出荷される予定で、組み立て図や組み立て映像を参照して、ユーザーが組み立てて完成させる。JPEG、GIF、BMPなどの写真、MP3、ASF、AACなどの音声、MPEG2、MJPEG、AVIなどの映像が扱え、無料の付属品としてクロームキャストが同封されている。

photo

MakuakeでのプロジェクトはAll or Nothing型で、目標額は531万6500円。リターンは、一般販売価格15万5000円のフィギュア心肺蘇生室を30%割引の10万8500円で提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る