新しいものづくりがわかるメディア

RSS


透明ディスプレイを使ったフィギュアケース「フィギュア心肺蘇生室」

430×435×420mmのフィギュアケース「フィギュア心肺蘇生室」がMakuakeに登場した。

photo

フィギュア心肺蘇生室は、前、左、右の3面が透明なケースで、特に前面には透明ディスプレイを使っている。透明ディスプレイに表示される映像コンテンツと、ケースの中に置かれたフィギュアなどと組み合わせて、立体感のある演出が可能だ。

photo

入力端子はHDMI/D-SUBでPCやタブレットなどの機器と直接接続できる。また、USBによる映像再生やGoogleクロームキャストを介してスマートフォンと接続して映像や音楽の再生ができる。Googleクロームキャストのミラーキャスティングとミラーリング方式を使うことも可能だ。

photo

フィギュア心肺蘇生室のサイズは430×435×420mm、LCD透明ディスプレイは1280×1024ピクセル、外部端子はUSB、HDMI、D-SUB。製品は半組み立て状態で出荷される予定で、組み立て図や組み立て映像を参照して、ユーザーが組み立てて完成させる。JPEG、GIF、BMPなどの写真、MP3、ASF、AACなどの音声、MPEG2、MJPEG、AVIなどの映像が扱え、無料の付属品としてクロームキャストが同封されている。

photo

MakuakeでのプロジェクトはAll or Nothing型で、目標額は531万6500円。リターンは、一般販売価格15万5000円のフィギュア心肺蘇生室を30%割引の10万8500円で提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る