新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3G、4G/LTE両回線に対応——Raspberry Pi/ASUS Tinker Board対応高速通信ボード「CANDY Pi Lite+」

CANDY LINEは、Raspberry PiおよびASUS Tinker Board向け3G、4G/LTE高速通信ボード「CANDY Pi Lite+」を発売する。

CANDY Pi Lite+には、NTTドコモ向け「CANDY Pi Lite+ D」と、ソフトバンク向け「CANDY Pi Lite+ S」の2機種がある。これまでは低速~中速通信向け用途として「CANDY Pi Lite 3G」とCANDY Pi Lite LTE」を販売していたが、高速通信や3Gと4G/LTE両回線への対応、およびソフトバンクのモバイルネットワークでの利用について要望が多く、これに応えた形だ。

photo CANDY Pi Lite+ D

「CANDY Pi Lite+ D」はNTTドコモのSIMカードで動作し、3Gネットワーク(FOMA)および4G/LTEネットワーク(Xi)で利用可能だ。 法人向けの「docomo IoT スターターSIM」、ソラコムの「SORACOM 日本向けAir SIM」、IIJの提供するフルMVNOサービス「IIJモバイル/タイプI」に対応。このうち、IIJモバイル/タイプIはIPv6ネットワークでも動作を確認済みだ(4G/LTE接続のみ)。

またMVNOへの対応に加え、NTTドコモのネットワークをローミングで利用するSORACOMのグローバル向け Air SIMや、Vodafone Global SIMなどの他社製品にも対応する。

photo CANDY Pi Lite+ S

ソフトバンクのSIMカードで動作する「CANDY Pi Lite+ S」は、同社の3Gおよび4G LTEネットワークで利用可能。ソフトバンク法人向けIoT/M2M向けSIMカードにて動作を確認済みだ。 ワイモバイルネットワークやソフトバンクネットワークを利用するMVNOのSIM、および同ネットワークのローミングを利用するSIMに関しては動作未確認としている。

販売開始は2018年5月9日で、希望小売価格は1万8980円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  3. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  4. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  9. グラフェンから無限の電力を引き出す、小型デバイス向けエナジーハーベスト回路を開発
  10. レトロゲームでプログラミングを学ぶ——ポータブルゲームコンソール「Xtron Pro」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る