新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEメッシュでIoTしよう——スタッカブルな小型IoT開発プラットフォーム「Blueberry Mesh」

BLE(Bluetooth Low Energy)メッシュネットワークに対応したIoT開発プラットフォーム「Blueberry Mesh」がKickstarterに登場し出資を募っている。

photo

Blueberry Meshは、専用アプリから簡単にネットワーク制御ができるスタッカブルなIoT開発プラットフォーム。コインサイズ程の小型メインボードはBLEチップ、スイッチ×2、RGB LED、加速度センサー、背面にスタックコネクターを搭載する。

photo

アプリはデバイス自動検出機能を備え、各Blueberry Meshボードと自動でネットワークが構築される。アプリからは、グラフィカルプログラミング「Blockly」や、Cスタイルのスクリプト言語「Berry Script」によるプログラミング、Blueberry Meshボードへのプログラムのアップロード、Blueberry Meshのモニタリング、オリジナルGUIの作成などができる。オープンなプロトコルを利用しているため、他のBLEデバイスとの通信も可能だ。

photo

Blueberry Meshボードには、ボタン型電池「2032」×2、オン/オフコントローラーを搭載する「バッテリーボード」、1枚で4つのサーボを制御できる「サーボボード」、気圧センサー/温湿度センサー/照度センサーを搭載する「環境ボード」などを用意している。

photo

Blueberry Meshのメインボードは29ドル(約3200円)、サーボボードは20ドル(約2200円)、バッテリーボードと環境ボードはそれぞれ25ドル(約2700円)で提供する。2018年9月の出荷を予定しており、日本への送料は確認が必要だ。

Blueberry MeshはKickstarterにて、2万7250ドル(約299万円)を目標に2018年6月11日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る