新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで初心者でも陶芸作りを——デジタル陶芸工房「The Bottery」

デジタル陶芸工房のプロジェクト「The Bottery」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

The Botteryは、陶芸用3Dプリンターを使ったデジタル陶芸を教える米カリフォルニア州オークランドの陶芸工房。デジタル陶芸は、コンピューターを使って陶器の形状をデザインし、3Dプリンターで造形してから陶窯で焼いて作るという新しい陶芸の形だ。The Botteryは、陶芸や3Dプリントの経験を問わず、個人や法人どちらにもデジタル陶芸を教えるワークショップを開催する場所になる予定だ。

The Bottery

使用する3Dプリンターは、陶芸用3Dプリンター専門メーカーDeltaBotsの「3D Potter」シリーズ。3D Potterは、いわゆるセラミックフィラメントやセラミック粉末を使うのではなく、専用に作られたエクストルーダーから陶芸粘土を押し出して造形する。

スライサーは「Simplify 3D」や「Cura」など標準的なものが使えるが、The Botteryはより使いやすい独自ソフトウェアを用意するとしている。

The Bottery

The Botteryの受講料は、個人指導1時間が400ドル(約4万4000円)。The Botteryの独自ソフトウェアと3D Potterを使って、デジタル陶芸を基礎から教える。講座で3Dプリントした作品は、焼成して持ち帰ることができる。

The Bottery

また、The Botteryで使用する陶芸用3Dプリンター「3D PotterBot Micro 8」も販売しており、個人指導1時間を含む価格は2850ドル(約31万円)。出荷は2018年10月の予定だが、日本への送料は確認が必要だ。

The Botteryは2018年6月16日までクラウドファンディングを実施。2018年5月28日時点で、目標の3万ドル(約330万円)に対して約1万4000ドル(約150万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  2. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  5. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  8. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」
  9. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  10. オン・セミコンダクター、IoTアプリ向けのRSL10センサー開発キットを発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る