新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターで初心者でも陶芸作りを——デジタル陶芸工房「The Bottery」

デジタル陶芸工房のプロジェクト「The Bottery」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

The Botteryは、陶芸用3Dプリンターを使ったデジタル陶芸を教える米カリフォルニア州オークランドの陶芸工房。デジタル陶芸は、コンピューターを使って陶器の形状をデザインし、3Dプリンターで造形してから陶窯で焼いて作るという新しい陶芸の形だ。The Botteryは、陶芸や3Dプリントの経験を問わず、個人や法人どちらにもデジタル陶芸を教えるワークショップを開催する場所になる予定だ。

The Bottery

使用する3Dプリンターは、陶芸用3Dプリンター専門メーカーDeltaBotsの「3D Potter」シリーズ。3D Potterは、いわゆるセラミックフィラメントやセラミック粉末を使うのではなく、専用に作られたエクストルーダーから陶芸粘土を押し出して造形する。

スライサーは「Simplify 3D」や「Cura」など標準的なものが使えるが、The Botteryはより使いやすい独自ソフトウェアを用意するとしている。

The Bottery

The Botteryの受講料は、個人指導1時間が400ドル(約4万4000円)。The Botteryの独自ソフトウェアと3D Potterを使って、デジタル陶芸を基礎から教える。講座で3Dプリントした作品は、焼成して持ち帰ることができる。

The Bottery

また、The Botteryで使用する陶芸用3Dプリンター「3D PotterBot Micro 8」も販売しており、個人指導1時間を含む価格は2850ドル(約31万円)。出荷は2018年10月の予定だが、日本への送料は確認が必要だ。

The Botteryは2018年6月16日までクラウドファンディングを実施。2018年5月28日時点で、目標の3万ドル(約330万円)に対して約1万4000ドル(約150万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る