新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEデバイスをLPWAに連携させたコンバーターユニット「SpreadRouter-CW」

エヌエスティ・グローバリストは、BLEデバイスをLPWAに連携させた複合通信ユニット「SpreadRouter-CW」を発売する。

SpreadRouter-CWは、ウェアラブルデバイス、ヘルスケア機器、HEMS、セキュリティ機器などのBLEデバイスから受信したデータを、LoRaネットワーク経由でインターネットにデータ転送するコンバーターユニットだ。通信エリアが半径20~30mのBLEデバイスを使いつつ、LPWAによる広範なIoTネットワークを構築できる。

主な特徴として、LPWAに関する独自技術である多段ホップ/自身LPWA中継機能、BLEデバイスデータの転送機能(一定時間間隔またはアドバタイズペイロード値変化の選択肢があり、アドバタイズペイロード値変化時はペイロードの変化対象領域の指定可)、フィルタリングで特定のBLEデバイスを指定できるデバイス登録機能などを備える。

photo

電源用の外部インターフェースはmicroUSBタイプB、送電時の最大消費電力が約107mA、受信時の最小消費電力が13.3mA、アンテナなどの突起物を除いた外形寸法は70×48×27mmだ。

920MHz通信部の仕様は、周波数帯が920.6MHz~928.0MHz、変調方式がLoRa/FSK、送信パワーが+13dBm(20mW)、受信感度が-137dBm(SF12設定時)、通信速度はLoRaが183.11bps~37.5Kbps、FSKが50~300Kbps、最大接続数が65534台(理論値)。

BLE、Bluetooth通信部の仕様は、周波数帯域が2.402GHz~2.480GHz、変調方式がGFSK、送信パワーが+8dBm(6.3mW)、受信感度が-90dBm、通信速度が3Mbps(Classic Bluetooth)。Classic BluetoothのSPPプロファイルによる最大同時接続は1台、BLEでのデバイス登録数は4台(増強予定)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る