新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BLEデバイスをLPWAに連携させたコンバーターユニット「SpreadRouter-CW」

エヌエスティ・グローバリストは、BLEデバイスをLPWAに連携させた複合通信ユニット「SpreadRouter-CW」を発売する。

SpreadRouter-CWは、ウェアラブルデバイス、ヘルスケア機器、HEMS、セキュリティ機器などのBLEデバイスから受信したデータを、LoRaネットワーク経由でインターネットにデータ転送するコンバーターユニットだ。通信エリアが半径20~30mのBLEデバイスを使いつつ、LPWAによる広範なIoTネットワークを構築できる。

主な特徴として、LPWAに関する独自技術である多段ホップ/自身LPWA中継機能、BLEデバイスデータの転送機能(一定時間間隔またはアドバタイズペイロード値変化の選択肢があり、アドバタイズペイロード値変化時はペイロードの変化対象領域の指定可)、フィルタリングで特定のBLEデバイスを指定できるデバイス登録機能などを備える。

photo

電源用の外部インターフェースはmicroUSBタイプB、送電時の最大消費電力が約107mA、受信時の最小消費電力が13.3mA、アンテナなどの突起物を除いた外形寸法は70×48×27mmだ。

920MHz通信部の仕様は、周波数帯が920.6MHz~928.0MHz、変調方式がLoRa/FSK、送信パワーが+13dBm(20mW)、受信感度が-137dBm(SF12設定時)、通信速度はLoRaが183.11bps~37.5Kbps、FSKが50~300Kbps、最大接続数が65534台(理論値)。

BLE、Bluetooth通信部の仕様は、周波数帯域が2.402GHz~2.480GHz、変調方式がGFSK、送信パワーが+8dBm(6.3mW)、受信感度が-90dBm、通信速度が3Mbps(Classic Bluetooth)。Classic BluetoothのSPPプロファイルによる最大同時接続は1台、BLEでのデバイス登録数は4台(増強予定)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る