新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでインターネットラジオ——スイッチサイエンス、「Pirate Radio - Pi Zero Wプロジェクトキット」発売

スイッチサイエンスは、Raspberry Piを使ってインターネットラジオプレイヤー「Pirate Radio」が作れる「Pirate Radio-Pi Zero Wプロジェクトキット」を発売した。

photo

Pirate Radioは、Wi-FiとBLEを標準搭載しているRaspberry Pi Zero Wをメインに、PCM入力D級オーディオパワーアンプMAX98357Aを搭載したDAC拡張カード「pHAT BEAT」 を使ってスピーカーを鳴らすことができる。pHAT BEATには、2列8個のAPA102 RGB LEDで構成されるVUメーター機能もある。

Pirate Radio - Pi Zero Wプロジェクトキットには、Wi-FiとBLEを標準搭載したRaspberry Pi Zero W(工事設計認証取得済み)、pHAT BEAT、5W4Ωスピーカー、アクリル製ケース、50cmのUSB A to micro-B ケーブル、Aメスからmicro-BオスへのUSB変換アダプタ、HDMI-HDMI mini変換ケーブル、2×20ピンヘッダ、ピンソケット、ステッカーシート、キットケースなどが付属している。microSDカードは、付属していない。

ソフトウェアは、Python library for PHAT BEAT、インターネットラジオ、Spotifyストリーミング、Airplayスピーカーを使用する。

photo

組み立てに要する時間は、約30分。製作するためにははんだづけが必要となるが、はんだづけなしでピンヘッダやピンソケットを取り付けるためのキット「GPIO Hammer Header」 を使えば、はんだづけは不要だ。Pirate Radioの完成サイズは135×85×70mmで、税込単価6264円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る