新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「DOBOT Magician」を使ってロボットアームを学習——アフレルが新発売キャンペーンを開始

ロボットを活用した教育支援サービスを展開するアフレルは、生産制御工学や産業機械を学習/研究テーマとする高等教育機関や、ものづくり現場でロボットアームの制御を学ぶ職業訓練校を対象に、ロボットアーム「DOBOT Magician」を使った教材を発売した。2018年7月31日までの期間限定で発売記念キャンペーンを実施する。

DOBOT Magicianは、Shenzhen Yuejiang Technologyが開発したデスクトップサイズの汎用ロボットアーム。500gのコンパクトなボディに4軸制御で0.2mmの稼働精度を備える。ツールヘッドを付け替えることで、グリッピング、ピックアップ、Writing&drawing、Teaching&Playback、3Dプリンターなどの機能が体験できる。

ロボットアーム本体に吸盤キット、グリッパー、ライティングとドローイングのキット、および3Dプリントキットをセットにした「Standard Version」と、これにさらにBluetoothモジュール、Wi-Fiモジュール、レーザーキットおよびジョイスティックコントロールキットを加えた「Educational Version」の2種を用意した。

今回、DOBOT Magician Standard Versionまたは、Educational Versionに、オリジナルテキストの「DOBOT Magician C#画像処理プログラミングガイド」をセットにした「C#画像処理プログラミングセット」を、指導者や学生が授業、研究室などですぐに導入できるセット商品として販売する。

DOBOT Magician C#画像処理プログラミングガイド

オリジナルテキストは、C#環境でDOBOT Magicianを用いての画像処理を学ぶものだ。多数のサンプルプログラムと解説動画を用意しており、画像認識からロボットアームを動かすまでの一連の制御について直感的に理解できる。

さらに課題に取り組むことで、プログラミング制御の基礎から応用/発展までを学習できる。学習に必要なWebカメラとトランプもセットになっている。

価格は単体の場合、DOBOT Magician Standard Versionが15万円、Educational Versionが18万5000円、C#画像処理プログラミングガイドが5000円(いずれも税抜)だ。

今回、2018年7月31日までの期間限定のキャンペーン特別価格として、Standard VersionにC#画像処理プログラミングガイドが付属したセットを14万5000円、Educational VersionにC#画像処理プログラミングガイドが付属したセットを18万円(いずれも税抜)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る