新しいものづくりがわかるメディア

RSS


キャスター付で収納も容易——コンパクトな40WCO2レーザー加工機「Craftlaser」

A3サイズの加工ができるホビー向け40WCO2レーザー加工機「Craftlaser」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Craftlaserは、家庭や学校での軽作業向けに、どこでも使えるようにデザインされたレーザーカッター。外装にガラスを使わず丈夫なアルミニウムカバーで全体を覆い、扉が開くと作業をストップする機能や、強制停止ボタン、安全ロックシステムなどで安全性を高めている。HDカメラ×2を搭載しているので、外部ディスプレイにより加工プロセスの視認も可能だ。

photo

また、排気系にクリーンルームに用いられるHEPA(High-Efficiency Particulate Air-filter)フィルターと活性炭フィルターを組み合わせ、室内での使用も可能とのこと。屋外への排気システムも付属しており、その場合は高価なHEPAフィルターは不要だ。

photo

本体サイズは800×517×262mmで重さは23kg、キャスター4個を取り付けスーツケースのように縦にして簡単に持ち運べるので、保管も容易なポータブルデザインだ。ワークエリアは420×300×70mmとほぼA3サイズの加工ができ、紙、段ボール、布、ウッド、石、セラミック、アクリルなどの素材に対応する。

photo

CO2レーザーチューブは、冷却システム付のメンテナンスフリータイプ、出力は40Wで、オートフォーカス(焦点距離67.5mm)機能を備え、操作前のアライメントを不要にして、安定したパフォーマンスを発揮するとしている。

photo

Craftlaserの予定小売価格は2650ドル(約29万3000円)で、今なら数量限定の早割価格1817ドル(約20万1000円)で入手できる。800×480 TFT LCDディスプレイ「Ultra Thin 7」が付属する。出荷は2019年3月を予定しており、日本への送料は285ドル(約3万1500円)だ。

photo

CraftlaserはIndiegogoにて、2018年6月下旬までクラウドファンディングを実施中。6月19日時点で、10万ドル(約1110万円)の目標額に対して約5万ドル(約553万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る