新しいものづくりがわかるメディア

RSS


水産ベンチャーのウミトロンが初の増資で9.2億円を調達——事業基盤と研究開発を強化

テクノロジーを活用して水産養殖の課題解決を目指す水産ベンチャーのウミトロンが2018年6月8日、初めて第三者割当増資を実施し、総額9.2億円強の資金を調達した。引受先は産業革新機構、IDEOが参画するベンチャーキャピタルD4Vなど。水産分野のアーリーステージ投資としては世界過去最高額だという。

ウミトロンは、人口増加によるタンパク質需要の増大などで近年急速に伸びている水産養殖の需要に着目し、海の持続可能な開発と魚の安全/安定供給の実現を目指して2016年に創業したスタートアップ企業。IoT、衛星によるリモートセンシング、AIによるデータ解析などのテクノロジーを活用して、給餌の最適化と環境負荷の軽減を実現する持続可能な水産養殖のモデル開発を進めている。

UmiGardenの設置イメージ

2017年6月には、1stプロダクトとして、IoT技術によりインターネット経由で魚のエサやりとモニタリングを提供するIoT給餌管理システム「UmiGarden」をリリース。魚群データ解析を用いた給餌コストの最適化サービスを展開している。

同社では今回の資金調達により、既存サービスの事業基盤と研究開発の強化を実施するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  4. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  5. シリコン半導体に置き換わる新デバイスーー集積度の限界を超える「金属-空気トランジスタ」
  6. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  7. 手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る