新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ワイヤレス電子ブロック「MESH」、Windows版アプリケーションをリリース

ソニーのMESHプロジェクトは、ワイヤレス電子ブロック「MESH」のWindows版アプリケーションを2018年6月27日に提供開始した。

MESHは、無線で接続できるセンサーなどのブロックを専用アプリ内で接続していくことで、各センサーやインターネットを活用した仕組みを作ることができるプラットフォームだ。プログラミングに関する知識を問わずに直感的な操作で仕組みをつくることができ、気軽に試行錯誤を繰り返すこともできる。プログラミング教育やSTEAM教育などの場でも活用できる。

従来はiOSおよびAndroid向けアプリケーションのみ提供してきたが、Windows版アプリケーションも提供することで、2020年にプログラミング教育が必須化される教育現場などで一層活用しやすくなるとしている。Windows版アプリケーションはWindows10以降に対応し、Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を搭載するデバイス上で動作する。

photo

また同時に、教育現場で幅広く活用できるようにMESHの教育活用のヒントや指導例などをまとめた教育者向けガイドも公開した。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ
  8. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る