新しいものづくりがわかるメディア

RSS


優勝賞金30万円——がじぇっとるねさす、アイデアコンテンスト「GR LYCHEE DESIGN CONTEST 2018 in Japan」開催

ルネサスは、「アイデアとエレクトロニクスをつなげて喜びを生む」ことを目的としたコンテスト「GR LYCHEE DESIGN CONTEST 2018 in Japan」を開催する。

同コンテストは、アイデアを素早くプロトタイピングできるアイテムの提供などを通じてものづくりを支援する「GADGET RENESAS」(がじぇるね)が提供するプロトタイピングボードを使用した作品を募集するものだ。

2016年から開催してきた同コンテストの今年のテーマは「カメラやIoTで課題を解決」。高齢化社会や生産年齢人口の減少などの社会的課題に対して、人間の目の役割を果たすカメラ、そしてインターネットによる付加価値の向上に焦点を当てる。対象となるボードは、カメラと無線通信を標準搭載し、OpenCVやe-AIも使用できる「GR- LYCHEE」だ。

photo GR-LYCHEE

GR-LYCHEEは、カメラと無線を搭載したIoTプロトタイピングボードで、Arduino UNOとピン互換性があり、 ARMのMbed開発環境が使用できる。Renesas Webコンパイラ、IDE for GRでのArduinoライクなスケッチの作成も可能だ。

「喜ぶ人や制作概要を示したテキスト・図面」を対象とした1次選考は2018年7月27日までで、課題提示の明確さや課題解決アプローチ手段の適正度、新規性などが選考基準となる。

1次選考者にはGR- LYCHEEが送付され、中間発表をはさみながら、2018年10月29日に2次選考、同年12月8日に最終選考が行われる。

優勝賞金は30万円、2位が20万円、3位が10万円。以降10位まで賞金対象となり、別枠でテーマ賞(3万円)やがじぇねる賞(3万円)が設けられている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る