新しいものづくりがわかるメディア

RSS


愛犬の心を読んで伝える——犬用デバイス「INUPATHY」先行予約開始へ

愛犬の心を読んで伝える犬用ウェアラブルデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」を開発するラングレス(旧名イヌパシー)が、2018年7月15日から2018年モデルの予約受け付けを888台限定で開始する。

INUPATHYは、愛犬に着せるハーネス型のデバイスで、内蔵の心拍センサにより拍数の微細な変化を捉えて自律神経の活性状態を分析し、犬の心を色で伝える。現在わかる犬の感情は、リラックス/ドキドキ/ハッピー/好奇心/ストレスの五つだ。

利用方法は、電源ボタンを押して愛犬に着せるだけ。装着の際に毛を剃る、ジェルを塗るなどの処置は不要だ。また、軽量化により犬への負担を軽減している。心拍の解析は高速で行われ、ほぼリアルタイムで分析結果を表示できる。専用アプリと連携すれば、データをクラウドに蓄積し、毎日の記録を確認することができる。

胸囲27cm(体重約2kg)から胸囲110cm(体重約70kg)までの犬に対応。ただし、付属のハーネスは散歩用には使えない。履歴記録や個性分析などの追加機能を利用するにはBluetooth4.1以上に対応するiOSかAndroidのスマートフォンと専用アプリのインストールが必要だ。

一般先行予約価格は3万3000円(税抜)だが、一般先行予約早割価格(先着111台)として2万9700円(税抜)で提供される。先行予約は専用サイトから。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る