新しいものづくりがわかるメディア

RSS


愛犬の心を読んで伝える——犬用デバイス「INUPATHY」先行予約開始へ

愛犬の心を読んで伝える犬用ウェアラブルデバイス「INUPATHY(イヌパシー)」を開発するラングレス(旧名イヌパシー)が、2018年7月15日から2018年モデルの予約受け付けを888台限定で開始する。

INUPATHYは、愛犬に着せるハーネス型のデバイスで、内蔵の心拍センサにより拍数の微細な変化を捉えて自律神経の活性状態を分析し、犬の心を色で伝える。現在わかる犬の感情は、リラックス/ドキドキ/ハッピー/好奇心/ストレスの五つだ。

利用方法は、電源ボタンを押して愛犬に着せるだけ。装着の際に毛を剃る、ジェルを塗るなどの処置は不要だ。また、軽量化により犬への負担を軽減している。心拍の解析は高速で行われ、ほぼリアルタイムで分析結果を表示できる。専用アプリと連携すれば、データをクラウドに蓄積し、毎日の記録を確認することができる。

胸囲27cm(体重約2kg)から胸囲110cm(体重約70kg)までの犬に対応。ただし、付属のハーネスは散歩用には使えない。履歴記録や個性分析などの追加機能を利用するにはBluetooth4.1以上に対応するiOSかAndroidのスマートフォンと専用アプリのインストールが必要だ。

一般先行予約価格は3万3000円(税抜)だが、一般先行予約早割価格(先着111台)として2万9700円(税抜)で提供される。先行予約は専用サイトから。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る