新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手のひらにのる小型パーソナルロボット「Artibo」

小型パーソナルロボット「Artibo」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Artiboは、カメラ付きAIスピーカーとして機能するAIブロックと、近接センサーを搭載した2輪走行モーターブロックをコネクターブロックで接続する小型ロボット。キャンペーン価格79ドル(約8820円)と安価ながら、クラウドサービスを利用したイメージ/顔/音声認識や対話機能、スケジュール管理など豊富な機能を備える。

photo

AIブロックのサイズは45.2×48×45.4mm、重さ58gで、カメラ、ディスプレイ、スピーカー、マイクなどを搭載する。ディスプレイにはロボットの顔を表示でき、AIサーバーとつながることで、イメージや顔、音声の認識、対話(チャットボット)、スケジュール管理、テキストと音声の双方向変換、多言語通訳、音楽の再生などができ、AIスピーカーのような使い方ができる。

photo

モーターブロックのサイズは45.2×65.4×45.2mm、重さ94gで、IR近接センサーやジャイロセンサーなどを搭載し、シリコンホイールで前後左右への移動やダンスといった動きが可能になる。全体の大きさは96.6×118×65.4mm、重さは約272gだ。

photo

使い方は簡単で、専用アプリでアカウントを作成し、ArtiboとWi-Fiを登録するだけで画面にArtiboのビジョンが映し出され、スマートフォンでコントロールしたり、ビジョンに映し出された人との会話をしたりできる。

photo

プログラミング初心者向けにScratchによるビジュアルブロックコーディングから、Java scriptを使ったプログラミングにも対応し、ロボットの機能を活用したカスタマイズが自由にできる。

photo

Artiboの予定小売り価格は149ドル(約1万6600円)で、今なら数量限定の早割価格79ドル(約8820円)で入手できる。2018年11月の出荷を予定しており、日本への送料は15ドル(約1680円)だ。

photo

ArtiboはKickstarterにて、2018年9月29日までクラウドファンディングを実施中。8月2日時点で、1万ドル(約112万円)の目標額に対して約7400ドル(約82万7000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い
  2. 3Dキャラクター召喚装置「Gatebox」が正式発売——新たに「キャラクタープラットフォーム構想」を発表
  3. スティックだけでプレイできるエアドラム——ポータブル電子ドラム「PocketDrum」
  4. MIT、エレクトロニクスを埋め込める3Dプリンター用フィラメントを開発
  5. オープンソースマイコン「RISC-V」を特集——CQ出版、「Interface 2019年12月号」を発刊へ
  6. 「作りたいもの」でプログラミングの基本がわかる——技術評論社、「改訂版 ゴールからはじめるC#」発刊へ
  7. 段ボールで作るドラムマシン——MIDIコントローラーキット「Beatbox」
  8. fabスペースhana_re(長野県岡谷市)
  9. てんとう虫をモテーフにした今も色あせないミュージックガジェット「COLUMBIA PORTABLE RECORD PLAYER SE-8」
  10. ガンダムの世界観でSTEM学習——ロボティクスやプログラミングを学べる学習教材「ZEONIC TECHNICS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る