新しいものづくりがわかるメディア

RSS


量産化の壁突破に向けた相談会「スタートアップクリニック」、東京と大阪で開催

TAG

生産 政策 アクセラレータ

経済産業省による平成29年度補正予算事業「スタートアップ・ファクトリー構築事業」の一環として、「スタートアップクリニック」が開催される。

ハードウェアスタートアップの多くが、資金とノウハウを必要とする量産化への道筋が整わないことから、量産に向けた設計や試作のステージで頓挫している。そういった課題を解決するために、スタートアップの量産試作/設計をワンストップで支援する事業が、スタートアップ・ファクトリー構築事業だ。

スタートアップクリニックでは、量産化の壁を突破するために、スタートアップ支援経験を持つ、ものづくりの専門家9名が相談に応じる。

スタートアップクリニックの対象者は、自社製品の開発、施策、量産に関する悩みを持つスタートアップなどで、年齢は問わず起業前でも応募は可能だ。

東京での開催は2018年9月7日と12日、大阪での開催は9月8日。完全予約制で相談時間は1時間。費用は無料で、申込期限は8月30日の12時まで。

スタートアップクリニック専用サイトにて、相談を希望する専門家を選択して、申し込みフォームに必要事項を入力して申し込む。申し込み後、2営業日以内にクリニック事務局から相談日時の連絡が来るが、希望者多数の場合は締め切り後に抽選にて決定する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る