新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、大分県で養殖いけす動産価値評価システムの実証を開始

ウミトロンは、大分県と共同で、養殖いけす内の養殖魚の動産価値を準リアルタイムで評価/把握するシステムの実証実験を開始する。得られたデータを使い、いけす内の動産に準じた養殖保険の設計も検討する。

photo

この取り組みは、「平成30年度おおいたIoTプロジェクト推進事業」の一環となる大分県との共同プロジェクト。水産養殖の現場では、各いけすに数千尾規模の魚を飼育していることが多いが、養殖魚を動産として管理するためには魚を網で集めてデータ収集したり、大型の水中カメラを設置して取得した画像データを解析するなど、多くの工数と手間が必要になるという。

photo

同社では、これら動産価値評価に必要なデータの取得に、遠隔給餌管理システム「UmiGarden」開発で培ったIoT技術を応用し、かつAIによる画像解析技術を用いることで、遠隔からの動産評価の自動化を目指している。

photo

これにより、養殖事業者の事業経営に必要な動産価値を準リアルタイムで把握できるようになるうえ、取得した動産データを活用することで実際の動産に準じた養殖保険の設計も検討できるという。同社はこの取り組みを通し、養殖事業者の事業管理の効率化や経営の安定化に寄与していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. プリント後の焼結は不要——セラミック3Dプリンター「Digitalceram」
  5. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  6. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. 0.1秒以内に10人の顔認証が可能——WDS、AIカメラモジュール「Eeye」発売
  9. Nordic Semiconductor、デュアルArm Cortex-M33プロセッサ搭載のIoT向け無線SoC「nRF5340」を発表
  10. MIT、ロボットが物体を素早くつかんで動かせるアルゴリズムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る