新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウミトロン、大分県で養殖いけす動産価値評価システムの実証を開始

ウミトロンは、大分県と共同で、養殖いけす内の養殖魚の動産価値を準リアルタイムで評価/把握するシステムの実証実験を開始する。得られたデータを使い、いけす内の動産に準じた養殖保険の設計も検討する。

photo

この取り組みは、「平成30年度おおいたIoTプロジェクト推進事業」の一環となる大分県との共同プロジェクト。水産養殖の現場では、各いけすに数千尾規模の魚を飼育していることが多いが、養殖魚を動産として管理するためには魚を網で集めてデータ収集したり、大型の水中カメラを設置して取得した画像データを解析するなど、多くの工数と手間が必要になるという。

photo

同社では、これら動産価値評価に必要なデータの取得に、遠隔給餌管理システム「UmiGarden」開発で培ったIoT技術を応用し、かつAIによる画像解析技術を用いることで、遠隔からの動産評価の自動化を目指している。

photo

これにより、養殖事業者の事業経営に必要な動産価値を準リアルタイムで把握できるようになるうえ、取得した動産データを活用することで実際の動産に準じた養殖保険の設計も検討できるという。同社はこの取り組みを通し、養殖事業者の事業管理の効率化や経営の安定化に寄与していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  4. ポジティブワン、USBから直接駆動できる「128×64 OLEDディスプレイ小型USBモジュール」発売
  5. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  8. サイズ情報をPCに転送——富士通、採寸業務を効率化する「IoTメジャー hakaruno」発売
  9. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  10. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る