新しいものづくりがわかるメディア

RSS


浜松市主催のハッカソン「浜松ライフスタイルHack」参加者募集——メインテーマは「光×IoT」技術の活用

JellyWareは、浜松市が主催するものづくりハッカソン「浜松ライフスタイルHack」の公式Webサイトを公開し、参加者募集を開始した。

同イベントは、浜松市の暮らし、ライフスタイルをハックするアクセラレーター型のハッカソンイベントだ。着目点を「浜松市のライフスタイル」としており、浜松市での暮らしをより良いものにすることが狙いだ。市内の企業と市内外の企業/人材とのビジネスマッチングやものづくり産業の活性化、ハッカソンで生まれたプロトタイプのビジネス化を目指す。

浜松ライフをバージョンアップするアイデア、プロトタイプを発掘することを目的としており、ハッカソン後は試作開発支援プログラムを通して事業化の基盤作りまでをサポートする。メインテーマは「光×IoT」技術の活用としており、以下4つのサブテーマから取り組むテーマを決めてアイデアを出し合い、形にするため議論する:

・浜松はマリンスポーツ天国!
・遊んだあとはグルメ三昧!
・広大なエリアや通勤の運転時間を楽しむ快適カーライフ!
・充実した住環境で、大都市圏にも楽々アクセス!

ハッカソンの開催場所は、浜松市舞阪サテライトオフィス、開催日時は2018年11月10日 10:00~21:00、11日 9:00~19:00の予定だ。エンジニア、デザイナー、プランナー、マーケターなどを参加対象としており、個人またはチームでの参加を受け付ける。参加費は無料だ。応募は、同イベントの公式Webサイトにて、2018年9月27日~10月31日まで受け付ける。

また、ハッカソン当日に提供される各種技術への理解度を高め、参加者同士の交流を深めるためのAWS勉強会/ハッカソン説明会を以下の2会場で実施する。

・東京会場
日時:2018年10月9日 13:00~17:00
会場:Amazon新オフィス14階
定員:25人

・浜松会場
日時: 2018年10月30日 13:00~17:00
会場:浜松市舞阪サテライトオフィス
定員:25人

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る