新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オリジナルデザインのクッキーを作ろう——クッキー型専用スライサー付3Dプリンター「Ninjabot Cookie」

ニンジャボットは、専用スライサーを使って簡単にクッキー型が作成できるFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Ninjabot Cookie」(ニンジャボットクッキー)を発売した。

photo

ニンジャボットクッキーでは、同社の入門用3Dプリンター「Ninjabot Copain」(ニンジャボット・コペン)と同スペックの3Dプリンターに、アイシングクッキーなどの抜き型を作るための専用スライサーアプリが付属している。

photo

この専用スライサーを使い、クッキーの3Dデータを好きなサイズに拡大縮小して「クッキー」というボタンをクリックするだけで、取り込んだ3Dデータの外形(輪郭)だけが立ち上がった、壁と補強リブがついたクッキーの抜き型のg-codeが自動的に生成できる。これをSDカードにコピーしてニンジャボットクッキーに差し込めば、クッキー型が造形できる。

photo

クッキー型の3Dデータは、もちろん3DCADを使って作成してもよいが、手書きのイラストなどをもとに、スマートフォンやフリーのWebアプリなどを使って、2D画像に厚みを持たせて3D化すればよい。

photo

主なスペックは、本体サイズが188×188×198mm、重量約1kg、最大造形サイズが84×104×110mmで、最小積層ピッチは100μm、最大印刷速度は毎秒20mmとなる。ヘッド温度は180~210℃で、対応フィラメントはPLA、対応OSはWindows7、8、8.1、10だ。クッキー型以外の造形もできるが、専用スライサーはエントリー向けのソフトのため、あまり細かな設定などには対応していないとのこと。

photo

本体の他にPLAフィラメント1本、DCアダプター、電源コード、USBケーブル、スプールホルダーセット、microSDカード、SDカード(スライサーソフト入り)、ドライバー、スクレーパーおよび取扱説明書が付属する。

価格は、カバーなしが3万8800円、カバー付きが4万716円。2018年10月31日まではキャンペーン価格の3万6000円と3万8000円が適用され、さらに専用フィラメントが2本付属する。

なお、本製品はアイシングクッキー教室「リトルミイ」主宰カツマタケイコ氏が監修しており、同教室で3Dプリンターの使い方のレッスンを受講することもできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. 誠文堂新光社、子ども向けプログラミング入門書「ジブン専用パソコン Raspberry Piでプログラミング」発刊
  4. Digi-Key、12ビット高精細オシロスコープ「WaveSurfer 4000HD」発売
  5. 30W CO2レーザーで1000dpiの刻印——デスクトップ型レーザー加工機「beamo」
  6. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  7. 3Dプリンター長期使用レビュー:2つのノズルを使い倒せ! 「FLASHFORGE Creator3」
  8. プログラミング初級からAI技術まで——デアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」の2次募集を開始
  9. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  10. 実務にそのまま使える物理を学べる——サイバネット、現役エンジニア向けオンライン教材「オトナの物理」を販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る